リーダーシップ往復書簡 055

 

前回に引き続き、リーダーが身に着けなければならないスキルである利害関係の調整について共に考えたいと思います。

本稿では、改めて、リーダーが行う利害関係の調整について整理したいと思います。

普段ビジネスの世界で生きている人からすると、例えば会社の社長(マネジメントトップ)の人事権の行使など、組織マネジメントでは当たり前となる組織のルールに基づく利害関係の調整は理解できるようですが、組織とは別の非公式に影響力を持つリーダーによる利害関係の調整がいまいち理解できない人が多いようです。

ボランティア団体のトップ、マフィアのボス、幼い子どもたちのリーダーや動物の群れのボスなどを想像すると分かりやすいかもしれません。彼らはしっかりとした組織のルールがない中で、利害関係の調整をしています。上手く調整すれば新たなフォロワーの獲得もできるでしょうが、逆に、下手な論功行賞をすれば寝首を搔かれ下剋上もありうるのです。

リーダーが行う利害関係の調整の関係者ですが、リーダーが利害関係の調整人、そして、調整される側として、利害関係が一致しない当事者2名になります。

リーダーと当事者らは必ずしも同じ組織に所属している必要はなく、双方の当事者が実質的にリーダーの影響下にあるところが特徴です。

利害関係の調整の方法ですが、特に法律や組織のルールに縛られることもなく、当事者が納得する方法であれば何でもありです。

そのため、当事者が納得するのであれば、リーダーが直接的に当事者や関係者に対してヒヤリングや調査(捜査)することも許されますし、個別に話を聞こうが2人揃って話を聞こうが、様々な調整の方法が考えられます。

法律に定められた裁判ではありませんから、それこそ明確な証拠がなくとも構いませんし、因果関係が甘くても構いません。当事者が納得する進め方であればよいのです。但し、一般的には、リーダーが公平な手続きを踏まなければ、当事者が納得しない可能性は高いと思います。

裁判と違って、当事者の過去の行動にのみフォーカスがあたっているわけではなく、将来に向かって、どう当事者の利害関係を調整するかがポイントになってきます。

調整の結果ですが、当事者が納得するのであれば、外部から見て合理性を欠いた結論であっても問題ありません。しかし、中長期的に考えて、あまりにも非合理的な結論だと、周囲の人に対して、リーダーの影響力の低下を及ぼす可能性があります。

当たり前ですが、利害関係の調整の結果は、法律や組織のルールによる強制力があるものではありません。そのため、当事者らは、法律的には、その結果を反故にすることができないわけではありません。

しかし、当事者が、もし調整の結果を反故にする場合は、そのリーダーの影響力からの離脱を意味します。リーダーの立場からすると、調整の結果を無視されることはリーダーの影響力の低下を意味しますので、何が何でも当事者が納得するような利害関係の調整をしなければなりません。

リーダーシップについて疑問がある、質問をしたいという方がいらっしゃいましたら、コメントや個別にメッセンジャーでご連絡ください。

また、コメントも大歓迎です。もし興味ある人がいれば、これを酒の肴に一杯やりましょう!

 

画像1

 

【Q.55】
リーダーはどのようにマネジメント・スキルを活かすべきでしょうか?

 

<コメント>

別連載の「リーダーと考える経営の現場・第3回 マネジメントとリーダーシップの違い」でも記載をしていますが、マネジメント・スキルは人を管理するためのスキルです。これに対して、リーダーシップ・スキルは人を導くためのスキルです。

この違いをしっかりと理解したうえで、リーダーは、フォロワーのためにも、積極的にマネジメント・スキルを活用すべきだと思います。

もちろん、フォロワーをがちがちに管理する必要はありません。フォロワーが、より楽しく、よりクリエイティブに、より人間らしく、リーダーシップを発揮できるような環境づくりとして、組織運営が効率的となるように経営管理するのがよいでしょう。

以前から記載のとおり「人は性善なれど弱し」です。フォロワーは弱い存在ですので、リーダーは、フォロワー個人のリーダーシップに期待し過ぎることは避けなければなりません。

リーダーがマネジメント・スキルを活かしてしっかりとした組織管理を行い、フォロワーの成果が出やすくすることは、フォロワーの自信の向上にもつながります。

フォロワーの自信が向上することで、心に余裕が生まれ、他の人を慮ったり新しいことに挑戦したり、フォロワーはリーダーシップを発揮できるようになります。

新たなフォロワーを増やし多くの人が関われるようにするためには、マネジメント・スキルを活かして、リーダーが率いる集団・組織を進化させる必要があります。

マネジメントもリーダーシップも、経営において、ともに重要となるスキルですが、それぞれスキルが求められる場面が違うだけです。

優れたリーダーになるためには、リーダーシップ・スキルもマネジメント・スキルも共に身に着けなければなりません。

 

 

※この記事は、2020年10月17日付Facebook投稿を転載したものです。

リーダーシップ往復書簡 054

 

前回に引き続き、リーダーが身に着けなければならないスキルである利害関係の調整について共に考えたいと思います。

リーダーは、利害関係の調整を引き受けるからには、必ず成功させなければなりません。

フォロワーから利害関係の調整の依頼を受けることは、フォロワーのリーダーに対する期待の表れでもあり、リーダーの影響力のバロメーターです。

リーダーシップがあり影響力があると目されているリーダーならば、日々、決裁権・決定権など組織上のルールの有無の如何に関わらず、多くの利害関係の調整の依頼が舞い込みます。

なぜなら利害関係の調整によって、当事者同士の問題が解決されるばかりか、依頼者であるフォロワーとリーダーとの人間関係も深まるのです(そのため、下心あって、リーダーに近づくために利害関係の調整を依頼する人も数多くいます。)。

そもそも利害関係の調整ができそうにないと思われていたり、活躍が期待されていないリーダーには、このような利害関係の調整の相談は来ないのです。

そのため、リーダーは利害関係の調整が失敗に終わることは避けなければなりません。

失敗のケースには、利害関係の調整の途中で当事者に席を立たれたり、リーダーが利害関係の調整をしたにもかかわらず、当事者が調整結果である取り決めを反故にしたりする場合があります。

これらのケースでは、もはや、こうなってしまったら、個別の利害関係の調整の内容の問題ではなく、リーダーとフォロワーの信頼関係の低下の問題であり、リーダーの影響力の低下の問題なのです。

映画や小説でよくあるシーンですが、2つの下部団体のケンカの仲裁役を買って出た上部団体のマフィアのボスが「俺の顔に泥を塗りやがったな!」というセリフは、まさにこのような思考法から導き出されている言葉なのです。

リーダーには、組織をまとめる「機能」として、利害関係の調整が求められていますし、フォロワーは、この利害関係の調整を通じて、リーダーが付き従っていくに値するかを見ているのです。

リーダーシップについて疑問がある、質問をしたいという方がいらっしゃいましたら、コメントや個別にメッセンジャーでご連絡ください。

また、コメントも大歓迎です。もし興味ある人がいれば、これを酒の肴に一杯やりましょう!

 

画像1

 

【Q.54】
科学技術などのテクノロジーの発達によって、経営者に、リーダーシップは要らなくなるようにも思いますが、どのようにお考えでしょうか?

 

<コメント>

あくまで科学技術などのテクノロジーは道具であり手段ですので、世のため人のためといった想い・原点の部分では、経営者に、リーダーシップが要らなくなることはないと思います。

但し、テクノロジーの発達でも、特にデジタルの世界が広がることによって、強烈・猛烈なリーダーシップがなくとも、今より格段に優れた商品・サービスが世界に一気に広がる可能性はあると思います。

チームラボ代表の猪子寿之さんが「世界は、グローバル・ハイクオリティでノーコミュニティ層と、ローカル・ロークオリティでコミュニティ層に分断される」と言っていますが、まさに前者がそれに当たると思います。

GAFAに代表される企業群はテクノロジーで人類の生活を良くしているわけですが、私は、それら企業で働いている経営者やスタッフは、みな素晴らしいリーダーシップを持っていると思います。

彼らは、従来と比較して、営業やマーケティングにおいて、強いリーダーシップを発揮していないかもしれませんが、研究開発においては、過去では信じられないほどの投資をしていて、人類の明日を切り拓くことにチャレンジし主導的な役割を果たしていると思います。

今後は、テクノロジーの進化によって、一般的な経営者の多くにも、よりリーダーシップが求められるようになるかもしれません。

なぜなら経営管理のようなマネジメントの部分はテクノロジーで代替できるようになるからです。

一般的に経営者にはリーダーシップとマネジメントが求められるわけですが、マネジメントにかかる時間が減少すれば、残りのリーダーシップの比重が増えるのは明らかです。

テクノロジーの進化によって、人との向き合いが増えると思います。

今まで以上に、経営者は、テクノロジーの活用を前提に、多くの人に共感されるような目標や夢を描くなど、リーダーシップの発揮が求められると思います。

 

 

※この記事は、2020年10月10日付Facebook投稿を転載したものです。

リーダーシップ往復書簡 053

 

前回に引き続き、リーダーが身に着けなければならないスキルである利害関係の調整について共に考えたいと思います。

何のためにリーダーは利害関係の調整を行うのでしょうか?

利害関係の調整は、当事者の過去の行動を裁くようなものではありません。調整の過程で、過去の行動も検討項目としては含まれるかもしれませんが、極めて未来志向なものなのです。

より良い未来のために、リーダーは、利害関係の調整を通じて、各当事者に前を向かせて歩ませなければならないのです。

そのため、リーダーは、未来のためにどうすればいいかという観点から、こんがらがった当事者同士の利害関係を調整しなければなりません。

過去に焦点を当てれば、どうしても過去に縛られてしまい、解決策となる選択肢は限られてしまいますが、未来志向ならば選択肢は無限にあります。

利害関係の調整の手続きは、公明・公平なプロセスとお互いの納得度が大事になります。

利害関係の調整では、裁判のように、論理的な主張が必要だったり証拠提出が必要だったりするわけではありません。お互い納得できるのであれば、リーダーが真実を探すために情報収集・情報分析したり、説明が下手な当事者の心情を汲み取ったりすることも許されるのです。

また、利害関係の調整方法も、必ずしも金銭的なものに限られるものではありません。お金はあくまで調整方法の一つであって、人が主役であることを忘れてはいけません。

このようにリーダーによる利害関係の調整は、極めて未来志向で、手続きも調整結果も、ルールやお金に縛られることもなく、人にフォーカスを当てたものなのです。

リーダーシップについて疑問がある、質問をしたいという方がいらっしゃいましたら、コメントや個別にメッセンジャーでご連絡ください。

また、コメントも大歓迎です。もし興味ある人がいれば、これを酒の肴に一杯やりましょう!

 

画像1

 

【Q.53】
リーダーシップで、一番大事なものは何ですか?

 

<コメント>

私は、リーダーシップで一番大事なことは、誰かのためにより良くしたいという想いだと思います。

実際のリーダーシップでは、想いだけでは足りず、行動まで求められるのは言うまでもありません。

リーダーには、正しさや倫理観があることを前提として、一定のマネジメント能力、コミュニケーション能力、情報分析能力、やり抜く力や巻き込む力などが必要になります。

但し、リーダーの中核にあって原動力となるのは、誰かのためにより良くしたいという想いだと思います。

この想いがモチベーションとなって、勇気を持って、一歩踏み出せるようになれば、それは立派なリーダーシップだと思います。

リーダーとは、暗闇の中、集団の先頭で、たいまつを持って、フォロワーを率いて進む存在です。

全てはこの想いからスタートするリーダーシップの旅なのです。

 

 

※この記事は、2020年10月3日付Facebook投稿を転載したものです。

リーダーシップ往復書簡 052

 

今回から数回にわたり、リーダーが身に着けなければならない必須のスキルである利害関係の調整について深堀りをしたいと思います。

リーダーとして、多くのフォロワーや周囲の人々と接するようになると、利害関係の調整を求められることが増えてきます。

それは自分たちの組織と外部組織の調整の時もあれば、リーダーとフォロワー、フォロワー同士の調整の時など様々なケースがあると思います。

本稿で言及する利害関係の調整とは、過去の行動に関して、法律や規則に基づいて判断を下す裁判官のようなものではありません。

改めて記載をすると滅茶苦茶のように思うかもしれませんが、例えば、世間水準として劣るかもしれなくとも、当人としては最大限がんばっていたから、今回は甘く有利な調整をしたり、利害関係の調整の対象者が、将来の幹部候補だから、ここは一つ期待を込めて厳しい評価としたりするなど、リーダーの利害関係の調整は、過去の行動のみを評価したものではなく、奥深いものです。

リーダーとしての影響力が増え、フォロワーや周囲の人々からの信頼が増せば増すほど、面白いことに、このような利害関係の調整に関する相談事が増えてきます。

極端な話、優れたリーダーには、専門分野ではなかったり、ステークホルダーではなかったりするにも関わらず、リーダーに判断・調整してもらいたいという話まで来るのです。

特に日本はまだまだ村社会ですので、2020年においても、いろいろなコミュニティで顔役と言われるような方が存在していて、非公式なパワー・リーダーシップに依拠した「どうかここは私の顔に免じて・・・」が未だに残っていると思います。

利害関係の調整は、それぞれの人間性、それぞれの人間関係も踏まえた上で、公明・公平なプロセスとお互いの納得度の高い結果が求められます。

優れたリーダーは、利害関係の調整を通じて、適切なフィードバックも同時に行い、フォロワーを成長させるばかりか、利害関係の調整ができるリーダーとして自分の信頼も更に高めていると思います。

リーダーシップについて疑問がある、質問をしたいという方がいらっしゃいましたら、コメントや個別にメッセンジャーでご連絡ください。

また、コメントも大歓迎です。もし興味ある人がいれば、これを酒の肴に一杯やりましょう!

 

画像1

 

【Q.52】
私は人事担当をしていますが、人事担当がリーダーシップを語ることをどのようにお考えでしょうか?

 

<コメント>

本連載でも繰り返し記載をしてきておりますが、本来、リーダーシップとは、ありとあらゆる人が発揮すべきもので、リーダーシップに組織における立場は関係ないのです。

そのため、人事担当であれ、リーダーシップを語ることに違和感はありません。

注意点としては、これは人事担当に限らないとことですが、自分の言葉で話をしているかということがあると思います。

聞き手に、リーダーである経営者の言葉を借りてきていると思われているようならば注意が必要だと考えます。もし組織マネジメントの一環・役割として話しているならば、気のない言葉ほど、聞き手が興ざめするものはありません。

周囲の人々に一番影響力があるのは、フォロワーが、リーダーに心から共感して、自分の言葉として、リーダーと同じ内容の話ができることなのだと思います。

また、くれぐれも言葉だけにならないように気をつけなければなりません。リーダーシップには行動が不可欠です。

リーダーシップは、誰が語っても発揮してもよいでしょう。自然体で、世のため人のため、みんなのために、自分ができることをすれば良いと思います。

 

 

※この記事は、2020年9月26日付Facebook投稿を転載したものです。

リーダーシップ往復書簡 051

 

私は「Lead with love.」というリーダーシップにかかる格言が好きなのですが、いかに常日頃から愛情を持ってフォロワーを導くことが難しいかを考えてしまいます。

マザーテレサは「愛の反対は憎しみではなく無関心」と言いましたが、まさにそうで、自分たちの夢や希望を実現することばかりに熱心になってしまうと、フォロワーがあたかも組織の歯車のように記号化してしまい、フォロワー個々への関心がどうしても薄れてしまうのです。

本来ならば、リーダーならば、自分と同じ船に乗ってくれているフォロワーの顔色や声色で、個々人が抱えている様々な問題を察することができなければならないわけですが、夢や希望にイケイケ・ドンドンで前のめりになっていると、どうしてもフォロワーの心配や不安などのケアが不足してしまいがちです。

特に、一般的に、リーダーと違って、フォロワーは「弱い」人が多いわけです。ついうっかりリーダーである自分と同じ価値基準でフォロワーと向き合ってしまうと、フォロワーが耐えきれずに物事がうまく進まない可能性があります。

私が尊敬する先輩経営者やメンターの方々は、愛にあふれている方ばかりで、いつも本当に凄いと感心しています。

具体的には、出会った人々の年齢、キャリア、トラックレコード、出身地、家族構成、好き嫌いなどの情報をしっかりと記憶されているのです。今の時代ですと、個人情報保護の観点から、所属する会社ですら聞けないような個人情報を、その人に嫌がられることなく、ホイホイ聞き出して、しっかりと覚えています。

また、電話やメールの文面だけでも、行間を読み取ることができ、相手の感情を手に取るように理解されているのは神業だと思います。

これらは、その人に関心を持たなければできることではありませんし、人が好きでなければできることではありません。

もちろん一人の人間の能力として記憶力には限界があるでしょうが、自分の能力の多くをフォロワーに割いているところが、活躍している多くのリーダーの凄みだと思います。

リーダーシップについて疑問がある、質問をしたいという方がいらっしゃいましたら、コメントや個別にメッセンジャーでご連絡ください。

また、コメントも大歓迎です。もし興味ある人がいれば、これを酒の肴に一杯やりましょう!

 

画像1

 

【Q.51】
リーダシップと身勝手な行動は、どのように違うのでしょうか?
主体的に課題設定をし行動することは、時として他のメンバーから煙たがれることもあるかなと思います。

 

<コメント>

リーダーシップは、一般的には主体性を指すことが多いものの、身勝手な行動とは一線を画しています。自分がやりたいことを身勝手に好き勝手に行うことを、リーダーシップとは呼ばないでしょう。

世のため人のため、組織のため、誰かのために、誰にとっても明らかに正しいことを主体的に行うことをリーダーシップと呼びます。

一般的に、リーダーシップは誰が発揮してもよいものと言われていますが、その人が組織に属している場合は、原則として、組織のルールや手続きを守って、リーダーシップを発揮する必要があります。

ご質問で「他のメンバーから煙たがれる」と記載がありますが、煙たがれるには、以下の3つの理由が考えられるのではないかと思います。

1つ目は、質問者の方がリーダーシップと思っている行動が倫理的にも組織が掲げる目標としても正しいかどうかがあると思います。行動自体が明らかに間違っていれば、それは非難される可能性があります。

2つ目は、リーダーシップと思っている行動に、中長期的に実現可能性があるかどうかです。短期的には、リーダーシップを発揮した行動が正しくとも、中長期的な実現可能性が乏しければ、多くの人はついて来ない(正確には、ついて来れない)可能性があります。基本的に、人は「性善なれど弱し」です。負け戦の可能性が高いと思えば、やりたくない理由や言い訳を探されて非難される可能性があります。

3つ目は、コミュニケーション不足です。上記2つが正しく理解されなければ、嫌がられる可能性があるでしょう。また同じ船に乗っている仲間として尊敬や尊重がなければ、物事がうまくいかない可能性があります。

また、大きな事を成しとげようとするときは、小さな犠牲にはいちいち構っていられないという「大事の前の小事」のような極端な考え方に陥らないことが大事です。

そのような場面が全くないとは言いませんが、基本的には、多くの人が成し遂げたい目標は中長期的な努力が必要なことばかりですし、人生は長いです。

どのようなステークホルダーであれ、他のメンバーから煙たがれることのないように、正しくリーダーシップある行動をし、丁寧にコミュニケーションを図ることが大事だと思います。

 

 

※この記事は、2020年9月22日付Facebook投稿を転載したものです。

リーダーシップ往復書簡 050

 

早いもので本連載もおかげさまで第50回を迎えることができました。読者の皆さんと、毎回ご質問を考えてくださる方々のおかげです。感謝いたします。

本連載は、私と同じようにリーダーシップに興味を持つ、尊敬する友人の西山 和馬さんと話をしてスタートしました。

ある日、どうすればリーダーシップの考え方を広められるかというテーマで、彼と話をしていました。その中で、書籍になるような洗練されたリーダーシップの理論をただ紹介するのではなく、誰もが賞賛する成功者や聖人君子ではない、成長過程の実務家がリーダーシップについて生々しく語ったら面白いのではないかとなり、この連載を書くことにしました。

本来ならば、リーダーシップは、私のような浅学非才の経営者が扱うには大き過ぎるテーマだとご指摘を受けることもあろうかと思います。

しかし、前述のとおり、あえて、場合によっては、不足しているところも前面に出して記述していくことが、多くの人に対して、新しい気づきを与えられるのではないかと考えています。

以前も記載をしましたが、私は、ライフワークとして、リーダーシップの考えを広め、リーダーの育成をしたいと考えています。

当初は、今回のように、前半はゆるい雑談や世間話、後半はQ&Aという構成だったのですが、始まってすぐに、私が言いたいことが多いからか、前半も現時点の私の考えを言いたい放題に記載する構成になっていってしまいました。

このように行き当たりばったりの下手な文章ではありますが、本連載を書いていて、毎回気が付かされることがあります。やはりアウトプットを行うことで、頭が整理されて、その都度、私も新しい気づきや感動を得ることができているのです。

リーダーが多くのフォロワーを率いていると、リーダーがフォロワーに対して与えていることばかりに思うかもしれませんが、同じように、リーダーはフォロワーからも多くのことを得ているのです。

ヒーローズ・ジャーニー(英雄の旅)のように、リーダーが旅に出るこの物語は、リーダーの成長物語でもあるのです。

本連載を通じて、嬉しいことに、よく個別に「参考になった」「気が付かされた」などのコメントをいただきますが、私のほうが成長の機会をもらっているように思います。

引き続き、読者の方に、納得度の高い、深い気づきを得ていただけられるような視点で、リーダーシップについて書いてまいります。

リーダーシップについて疑問がある、質問をしたいという方がいらっしゃいましたら、コメントや個別にメッセンジャーでご連絡ください。

また、コメントも大歓迎です。もし興味ある人がいれば、これを酒の肴に一杯やりましょう!

 

画像1

 

【Q.50】
周囲の人々や部下に、正しさや倫理観を身に付けさせるためには、何をするべきでしょうか?

 

<コメント>

正しさや倫理観において、まずは、その人たちの見本になるべきだと思います。どのような言葉や本を贈るよりも、その人たちのためになるし、説得力があると思います。

逆に、言葉だけならばキレイごとになってしまいます。正しさや倫理観ほど、実践や実行が求められることはないのではないかと思います。

また、前回も記載をしましたが、サラリーマンが忙しい毎日の中で、正しさや倫理観について、個別に時間を設けて話をすることはなかなか難しいと思います。

そのため、一番の近道は、常日頃からこの価値観に触れさせることだと思います。

知らず知らずに、人は、上司であったり、周囲の人であったりの影響を受けているものです。私もメンターから「リーダーはリーダーを育てる」という言葉をもらいました。

ご質問いただいた方が、正しさや倫理観を持って行動し、周囲の人や部下らともコミュニケーションを図れば、周囲の人々や部下は、これらの価値観を大事にするようになると思います。

 

 

※この記事は、2020年9月18日付Facebook投稿を転載したものです。