リーダーシップ往復書簡 034

引き続き、リーダーが理解し身に着けるべきインテリジェンスについてご紹介したいと思います。

組織の重要な意思決定の際に、リーダーは、いかにフォロワーを信頼していたとしても、一人だけの情報を鵜呑みにせずに、複数人から情報を取得したほうがいいでしょう。

前々回にも取り上げましたが、そもそも大体の場合、情報は網羅して取得することができません。そして、事実ではなかったり、評価が間違ったりしている情報が含まれている可能性があるものなのです。

これはフォロワー個人に対する信頼とは別次元と心得るべきです。人間の記憶がひどく曖昧なものであることは、皆さんにもご理解いただけるものと思います。

複数人から情報を取得することによって、事実(ファクト)と評価を分けて情報取得することができますし、事実についても、より精緻な情報を取得することができるかもしれません。

リーダーは情報を元に意思決定するわけですが、意思決定によっては、人の生き死にに関わる場合もあるわけです。

その時に一人の人間の記憶や評価に頼るようなことはあってはなりません。石橋を叩いて渡るような慎重さが求められます。

その際は、リーダーは積極的に情報の取得に動かねばなりません。自ら求めなければ、情報は手に入らないのです。

そもそも重要事項の場合は、全体像を知っているのはリーダーなどごく一部の人間に過ぎないことが多く、必要な情報の価値にすら気が付かない人がほとんどです。

それを非公式なレポートラインで報告させるほうが無茶だと理解したほうがいいでしょう。

なお、私が影響を受けた、過去に大臣を務めた経験のあるメンターの方は、このキャリアにもかかわらず、必要であれば、全く知らない人であっても世間話をして情報を取りに行くような方でした。

それぐらいリーダーは、情報に対して、真剣に向き合わなければならないのです。

リーダーシップについて疑問がある、質問をしたいという方がいらっしゃいましたら、コメントや個別にメッセンジャーでご連絡ください。

また、コメントも大歓迎です。もし興味ある人いれば、これを酒の肴に一杯やりましょう!

【Q.34】
リーダーにとって、インテリジェンスが重要であると思った経緯について教えてください。

 

<コメント>

別連載の「リーダーと考える経営の現場」「第14回 リーダーシップの旅 前半」でも記載をしましたが、私はメンターから先に「インテリジェンス」というキーワードを教えてもらったように記憶しています。

ただ、私が企業再生などを通じてリーダーシップを発揮していく過程で、インテリジェンスの重要性について、感じずにいられなかったのも事実です。

リーダーとして意思決定をする場合に、当たり前ですが、その意思決定の前提は情報なのです。

そのため、情報が足りなければ決めることはできませんし、もし情報が間違っていたら、正しい意思決定などできるものではありません。

特に赤字会社においては社内政治なども酷く、情報は歪んでいる場合も多く、背景にあるコンテキスト(context)が分からなければ、情報の価値、情報の意味付けを間違えてしまうリスクがあります。

もし質問者の方が、リーダーとして多くの人に影響力を行使したいのであれば、インテリジェンスを身に着けることは不可欠だと思います。

また、フォロワーを守るという観点からは、リーダーがインテリジェンスを身に着けることは、責務と言っても過言ではないと思います。

 

 

※この記事は、2020年5月31日付Facebook投稿を転載したものです。

株式会社スーツ 代表取締役 小松 裕介

 2013年3月に、新卒で入社したソーシャル・エコロジー・プロジェクト株式会社(現社名:伊豆シャボテンリゾート株式会社、JASDAQ上場企業)の代表取締役社長に就任。同社グループを7年ぶりの黒字化に導く。2014年12月に当社設立と同時に代表取締役に就任。2016年4月より総務省地域力創造アドバイザー及び内閣官房地域活性化伝道師。2019年6月より国土交通省PPPサポーター。

リーダーシップ往復書簡 033

前回に引き続き、リーダーが理解し身に着けるべきインテリジェンスについてご紹介したいと思います。

情報は、組織図で言うと、低いところから高いところへ流れるという特性があります。

もっと正確に言うと、実は役職はあまり関係なく、高い地位によるパワーを有していたり優れたリーダーシップがあったり、とにかく「力があると思われている有力者」に向かって情報が流れます。

私は今までM&Aで経営権が交代する前後のやりとりを幾度となく見てきていますが、このタイミングでは、今まで前の経営者に流れていた重要情報が新しい経営者に流れはじめる一方、前の経営者には重要情報が届かなくなるようなことはしばしばあることです。

また、例えば「力があると思われている有力者」の会社における地位が顧問であったとしても、取締役よりも情報を持っているという場合もよくあることかと思います。

このような特性のある情報ですが、リーダーはどのように収集すればよいでしょうか?

組織の公式のレポートライン以外にも、非公式の情報に価値があるのは言うまでもありません。

しっかりと組織が構築されている会社であれば、大半の情報はレポートラインに乗りますが、例えば上司に対する忖度などはこれらには表立っては反映されませんので、リーダーは非公式情報を取得して、行間を読む必要があります。

そして、やはりリーダーたるもの、積極的に、現場の情報を取りにいかなければなりません。

前回のとおり、情報は、その情報が事実(ファクト)なのか、それとも、その情報には誰かの評価・分析まで含まれているものなのかを分けて考えなければなりません。

現場から情報が上がってくる過程で、上司によって、一言添えられていたり、下手をすれば加工されていたりすることも多く、情報の多くは既に誰かのバイアスがかかっているわけです。

情報収集の過程で、評価を加えた人間の特性、人間関係や置かれている状況などを考慮して、リーダーは情報分析する必要があります。

リーダーが現場に出向いて情報を取得する価値は、レポートされて来るよりはるかに多くの情報量を取得することができること、そして、このようにチェックが入ることを周囲に知らしめることによって、何より恣意的に歪んだ情報を報告できないとフォロワーに示すことにあります。

リーダーシップについて疑問がある、質問をしたいという方がいらっしゃいましたら、コメントや個別にメッセンジャーでご連絡ください。

また、コメントも大歓迎です。もし興味ある人いれば、これを酒の肴に一杯やりましょう!

【Q.33】
ここ何回かに渡り、リーダーのインテリジェンスの重要性を説かれていますが、具体的なエピソードを教えてください。

 

<コメント>

私は、正しくリーダーシップを発揮するうえで、インテリジェンス・スキルは不可欠だと思っています。

繰り返し紹介しますが、「人は性善なれど、弱し」です。

分かりやすい例え話ですが、部下がミスをした場合、報告そのものが上がってこなかったり、虚偽の報告が上がってきたりするのです。

リーダーとは、暗闇の中、集団の先頭で、たいまつを持って、フォロワーを率いて進む存在です。

このたった一人のフォロワーの弱さで、集団全体・組織全体が危機に陥ることすらあるのです。

そのため、リーダーは正しく情報分析をする必要があるのです。

私が若かりし頃、企業再生に従事していて、赤字である事実を隠していた社長を見たことがあります。自分が「名経営者」でいたいがために情報を隠していたのです。

その会社の経営危機に際して、私は乗り込んで企業再生をすることになるのですが、その社長は、まさに虚像の人であって、本当に弱い人でした。

ただ外からは自己ブランディングに長けていたので、優秀な人のように見えていました。当該会社に関与するようになってから、すぐに会社の財務情報を紐解いて、幹部社員にヒヤリングをして、実像が見えてきたわけです。

また、最近でも、自己ブランディングに熱心なベンチャー経営者などのSNS投稿を見ていると、その人が思っている以上に、現在の精神状態が透けて見えてしまっている場合もあります。

SNS上で、一見、正論を主張しているようでありながら、それは自身の不安の裏返しであるなど、会社の内情とSNS情報を組み合わせることで見えてくることがあります。

リーダーが熱心にステークホルダーにかかる情報分析をしていれば、こういった人の弱さを感じ取り、職業的懐疑心を持って早期に行動することで、素早く問題解決に当たることができると思います。

 

 

※この記事は、2020年5月23日付Facebook投稿を転載したものです。

株式会社スーツ 代表取締役 小松 裕介

 2013年3月に、新卒で入社したソーシャル・エコロジー・プロジェクト株式会社(現社名:伊豆シャボテンリゾート株式会社、JASDAQ上場企業)の代表取締役社長に就任。同社グループを7年ぶりの黒字化に導く。2014年12月に当社設立と同時に代表取締役に就任。2016年4月より総務省地域力創造アドバイザー及び内閣官房地域活性化伝道師。2019年6月より国土交通省PPPサポーター。

リーダーシップ往復書簡 032

 

これから数回にわたり、リーダーが理解し身に着けるべきインテリジェンスについてご紹介したいと思います。

まず、普段は意識することもないと思いますが、情報について、深堀りして、理解をする必要があります。

情報とは、英語表記するとデータ(data)、インフォメーション(Information)、インテリジェンス(Intelligence)の3種類があります。

<情報の種類>
1.データとは、収集された情報
2.インフォメーションとは、データから抽出した意味のある情報
3.インテリジェンスとは、インフォメーションを、必要に応じて取捨選択し、多角的に内容を分析し、価値判断を与えた情報

情報の世界では、前提として、その情報が事実(ファクト)なのか、それとも、その情報には誰かの評価・分析まで含まれているものなのかを分けて考えなければなりません。

事実は一つだとしても、背景にあるコンテキスト(context)が分からなければ、情報の価値、情報の意味付けを間違える可能性があるので注意が必要です。

また、インテリジェンスには、以下のような特徴があります。

<インテリジェンスの特徴>
1.大体の場合、情報は網羅して取得することができない
2.事実ではなかったり、評価が間違ったりしている情報が含まれている可能性がある
3.往々にして、人はロジカルに動いていないため、情報を繋ぎ合わせたとしても、必ずしも合理的にはならない
4.時間の経過など状況によって、情報の価値が変わる
5.大半の情報は、オープンソースから情報分析して把握できる
6.ごくわずかな情報量だが、情報の価値判断に大きな影響を与えるような重要情報が存在し、それはオープンソースに含まれない
7.インテリジェンスには、オープンソースの分析、人による分析、ITによる情報分析がある

なお、会社の経営陣だと、日常業務においては、部下からの報告など、インフォメーションかインテリジェンスに接する機会が多いものと思います。

リーダーシップについて疑問がある、質問をしたいという方がいらっしゃいましたら、コメントや個別にメッセンジャーでご連絡ください。

また、コメントも大歓迎です。もし興味ある人いれば、これを酒の肴に一杯やりましょう!

 

 

【Q.32】
リーダーシップとテクノロジーの関係について教えてください。

 

<コメント>

リーダーシップは人が主役であるのに対して、テクノロジーは手段、道具(ツール)です。

新しいテクノロジーを創る人も、新しいテクノロジーを活用する人も、やはり人であることを考えると、テクノロジーは成功への大きな要因ではあるものの、リーダーシップの世界は、やはり「人が人を動かす」なのだと思います。

しかし、これからのリーダーは、今までのリーダーが最低限のマネジメント・スキルを身に着けなければならなかったように、テクノロジーを学ばなければならなくなると思います。

以前もご紹介したことがあると思いますが、リーダーは、フォロワーに対して、夢を語り、共感を生み出すだけでなく、夢の実現に向かった「現実的な勝ち筋」も提示しなければなりません。

今までは、「現実的な勝ち筋」を提示する際に、例えば会社であれば、経営戦略、マーケティングやファイナンスなどマネジメント・スキルが最低限必要だったのですが、ここに来て急速にテクノロジーの比重が増しています。

これからのリーダーは、テクノロジーを通じて、イノベーションを起こして、社会課題を解決するということがメインになると思います。

また、例えばSNSを通じた情報発信のように、テクノロジーを活用することで、リーダーシップをより発揮できるようになるでしょう。

そのため、多くのフォロワーを魅了するためには、テクノロジーへの理解が欠かせなくなっています。

もちろん、リーダーなので、例えば物理学者やエンジニアなどテクノロジーに詳しいフォロワーを魅了して、動かせれば問題ないわけですが、せめて最低限、その人たちとスムーズにコミュニケーションを取れるぐらいのテクノロジーへの理解はないといけないと思います。

これからは、このテクノロジーへの理解・勉強が、リーダーシップの第一歩ということになるのではないかと思います。

 

 

※この記事は、2020年5月16日付Facebook投稿を転載したものです。

株式会社スーツ 代表取締役 小松 裕介

 2013年3月に、新卒で入社したソーシャル・エコロジー・プロジェクト株式会社(現社名:伊豆シャボテンリゾート株式会社、JASDAQ上場企業)の代表取締役社長に就任。同社グループを7年ぶりの黒字化に導く。2014年12月に当社設立と同時に代表取締役に就任。2016年4月より総務省地域力創造アドバイザー及び内閣官房地域活性化伝道師。2019年6月より国土交通省PPPサポーター。

リーダーシップ往復書簡 031

 

リーダーとは、暗闇の中、集団の先頭で、たいまつを持って、フォロワーを率いて進む存在です。

暗闇という不安の中では、リーダーには、情報を収集する能力、情報を分析する能力、そして、情報を使いこなす能力がある必要があります。

情報を集めることができなければ、進んでいる方向が誤っていることに気が付かないかもしれませんし、フォロワーがついてきていないことに気が付かないかもしれません。

また、集めた情報は、いつも全てが正しいとは限りません。暗闇の中では、全体像を把握することは容易ではなく、多くの場合、情報は断片的にもたらされるものです。そのため、情報の取捨選択をし、多角的に内容分析することが必要になります。

さらに、情報をどのように使うのかも大事です。適時適切に、情報の共有と情報の分断と2つを行うことによって、フォロワーを正しく導くことが必要になります。

以前も「リーダーシップ往復書簡 017」において、リーダーシップと親和性のある考え方として、インテリジェンス(Intelligence)をご紹介したと思いますが、改めて、インテリジェンスの定義を再掲します。

(定義)
「インテリジェンス(Intelligence)とは、情報(Information)を、必要に応じて取捨選択し、多角的に内容を分析し、価値判断を与える行為、または、その行為によって得られる情報(Intelligence)のことである。」

これから数回にわたり、リーダーが理解し身に着けるべきインテリジェンスについてご紹介したいと思います。

リーダーシップについて疑問がある、質問をしたいという方がいらっしゃいましたら、コメントや個別にメッセンジャーでご連絡ください。

また、コメントも大歓迎です。もし興味ある人いれば、これを酒の肴に一杯やりましょう!

 

 

【Q.31】
部下に「自分ごと」を醸成させるためには、どうしたらいいですか?

 

<コメント>

「部下に『自分ごと』を醸成させる」とありますが、部下に主体性を持ってもらいたい、部下にリーダーシップを発揮してもらいたいということかと思います。

世の中の多くの経営者や上司が同じような悩みを抱えていると思います。

部下が正しくリーダーシップを発揮しない理由は、知らず知らずのうちに、上司が部下に対して組織の枠組みの中で活躍することを求めているからかもしれません。

経営者がスタッフに対して「経営者のような働き方をしろ!」と言うものの、実際に自分と同じ経営者のような思考でスタッフが動いた途端、「組織人としてなってない。」と怒り出す人がいるのと同じです。

もしくは、部下が自分にゆとりがなく、他のことにまで手が回らないからかもしれません。自分に余裕がなければ、周囲の近しい人に対しても、手を差し伸べることができないのは言うまでもありません。「衣食足りて礼節を知る」ではありませんが、自らが苦しい状況では、なかなか他者にまで気が回るものではありません。

以前もご紹介しましたが、リーダーはリーダーを育てるのです。

部下が正しくリーダーシップを発揮できていないということは、残念ながら、上司も同じように、正しくリーダーシップを発揮できていないのです。

フォロワーはリーダーの写し鏡のような存在です。

まずは、質問者の方が、自らが正しくリーダーシップを発揮しているかを自問自答する必要があるでしょう。

そのうえで、その部下に対しても、しっかりとリーダーシップを発揮して、今後はもっと深く関与する必要があると思います。

リーダーが常日頃から正しくリーダーシップを発揮していれば、フォロワーも同じようにリーダーシップを発揮していくようになるでしょう。

 

 

※この記事は、2020年5月10日付Facebook投稿を転載したものです。

株式会社スーツ 代表取締役 小松 裕介

 2013年3月に、新卒で入社したソーシャル・エコロジー・プロジェクト株式会社(現社名:伊豆シャボテンリゾート株式会社、JASDAQ上場企業)の代表取締役社長に就任。同社グループを7年ぶりの黒字化に導く。2014年12月に当社設立と同時に代表取締役に就任。2016年4月より総務省地域力創造アドバイザー及び内閣官房地域活性化伝道師。2019年6月より国土交通省PPPサポーター。

リーダーシップ往復書簡 030

 

今日は、私の尊敬する同い年の経営者、そして、尊敬する人生の大先輩のエンターテイメント業界の重鎮の経営者が言っていた素晴らしい言葉を紹介したいと思います。

「家族を大事にできない人間に、良い仕事はできない。」

「私たちは、仕事が好きなのだから、平日は毎日「遊び」だけれども、休日は家族に対して、しっかりと「仕事」をしなければならない。」

リーダーとして、多くのフォロワーを導くようになると、人として正しいことは何なのかなど、全てのステークホルダーに対するコミュニケーションの前提となる、ごく一般的な道徳観や倫理観の大切さを思い知らされます。

その中の一つのテーマが家族です。

世のため人のためと言いながら、家族と疎遠になってしまっては元も子もありませんし、大事なものの優先順位を間違えてしまっています。

マザーテレサも「家族や友人など、まず身近な人から助けなさい。」と言っています。

新型コロナウイルス感染症問題によって、テレワークが多くなり、家族と過ごす時間も増えたように思います。

もちろんこのウイルスによって苦しまれている方も沢山いますので一刻も早い事態の収束を望んでいますが、今までの価値観を見直す良いチャンスであることも、また事実だと思います。

リーダーシップについて疑問がある、質問をしたいという方がいらっしゃいましたら、コメントや個別にメッセンジャーでご連絡ください。

また、コメントも大歓迎です。もし興味ある人いれば、これを酒の肴に一杯やりましょう!

 

 

【Q.30】
会社で自分は上司で立場が強いものの、いくら言っても、部下がしっかりとしてくれず、行動を改めてくれません。

リーダーならば、このように言うことを聞かない部下に対して、どのようにするのでしょうか?

会社のことを考えると、こういった部下はクビにする、外すなどの選択肢もあると思いますが、いかがでしょうか?

 

<コメント>

優れたリーダーならば、地位に依拠した権限、つまりパワーの行使はしません。

リーダーシップに立場は関係ありませんので、上司や部下と言う立場を超えて、一人の人間として、その部下と向き合って、その人を動かさなければならないと思います。

逆に言うと、リーダーがパワーに基づく権利行使をすればするほど、そのリーダーの価値は相対的に下がるのです。

これは例えば「私は社長だ。社長命令だから絶対だ!」と言われたら、興ざめするのと一緒です。

そのため、リーダーは、例え人事権などのパワーがあったとしても、自分が軽くなるだけですから、行使はしてはいけません。

お互いの立場を超えて、一人一人の人間としっかりと向き合うのは非常に大変なことですが、その都度、リーダーは人間力で勝負しなければなりません。

今回のご質問のケースだと、その方としっかりと向き合えば、結果として、部下の方がしっかりと前を向き始めるか、もしくは、自分には今の仕事が合っていなかったとして違う道を歩み始めるものと思います。

最後に補足をすると、もし縁を持つ人を選べる立場にあるならば、自分の限られた人生の中で、しっかりと向き合っても良いと思う人との縁を選ぶべきでしょう。

私も若かりし頃、先輩経営者から「人を採用するということは、2億円の手形を振り出すのと同じだ。」と教わりました。しっかりとした覚悟を持って、人と付き合わなければなりません。

ただ、皆さんもご承知のとおり、多くの場合は、望まなくとも縁ができてしまうものです(それを縁と表現するようにも思います。)。それならば、致し方ないと諦めて、その人と一生懸命向き合っていったほうが人生楽しいように思います。

 

 

※この記事は、2020年5月5日付Facebook投稿を転載したものです。

株式会社スーツ 代表取締役 小松 裕介

 2013年3月に、新卒で入社したソーシャル・エコロジー・プロジェクト株式会社(現社名:伊豆シャボテンリゾート株式会社、JASDAQ上場企業)の代表取締役社長に就任。同社グループを7年ぶりの黒字化に導く。2014年12月に当社設立と同時に代表取締役に就任。2016年4月より総務省地域力創造アドバイザー及び内閣官房地域活性化伝道師。2019年6月より国土交通省PPPサポーター。

リーダーシップ往復書簡 029

 

リーダーシップ、情報分析(インテリジェンス)や判断の前提となる価値観など、私の行動原理の多くは、過去に大臣を務めた経験のあるメンターの方からの影響を色濃く受けていると思います。

私が若かりし頃に、そのメンターの方から言われたことの一部をご紹介します。

「リーダーは常に頭をくるくる回転させていなければならない」
「リーダーは全ての人に気を遣わなければならない」
「リーダーは、土日もなく、24時間365日、最も働かなければならない」
「自分の価値が下がるから、パワー(地位に基づく力)は行使するな」
「自分に自信があれば、他の人に対して、お願いすることができる」
「何でもアリで取り組まなければならない」
「常識を超えて、人間力で勝負しろ」
「神を目指せ」
「敵を愛せ」
「リーダーは愛され畏れられなければならない」
「リーダーはリーダーを創る」
「政治家とはリーダーシップとインテリジェンスの仕事」
「相手が大物政治家や大物マフィアでも、対等な人間として付き合え」
「韓信の股くぐりをしろ(大志のある者は目前の小事には忍耐して争わないという例え)」
など

今の自分があるのは、そのメンターのおかげだと思います。

心から感謝するとともに、教えていただいことを、ご縁のできた多くの人にシェアしていければと考えています。

リーダーシップについて疑問がある、質問をしたいという方がいらっしゃいましたら、コメントや個別にメッセンジャーでご連絡ください。

また、コメントも大歓迎です。もし興味ある人いれば、これを酒の肴に一杯やりましょう!

 

 

【Q.29】
リーダーシップがある人、ない人は見分けることはできますか?

 

<コメント>

実はインタビューの中身を読むだけでも、その人がリーダーとして優れているかどうかを見分けることができます。

視座の高さ、視野の広さ、社会とどう向き合っているのか、フォロワーをどのように捉えているのか、組織・地位に依拠した行動をしているのか、言行一致しているか、そもそも主体的に行動しているかなど、様々な観点から、リーダーシップがある人なのか、それとも、ない人なのか判別することができるのです。

正直なところ、短期的な時間軸では、リーダーシップと金銭的な成功はリンクしていないと思いますので、時々、成功者として、インタビューを受けている人の視座が低かったり、視野が狭かったりする場合も散見されます。

逆に、著名な経営者の方々の多くが、似たようなことを言っている点からも、帰納法的に、リーダーのあり方を抽出できるのではないかと思います。

また、リーダーが正しくリーダーシップを発揮できているかどうかは、フォロワーを見れば一目瞭然です。

やはり組織の末端である現場スタッフが不祥事を起こすような組織は、その組織のトップのリーダーシップが不足しているということだと思います。

 

 

※この記事は、2020年5月3日付Facebook投稿を転載したものです。

株式会社スーツ 代表取締役 小松 裕介

 2013年3月に、新卒で入社したソーシャル・エコロジー・プロジェクト株式会社(現社名:伊豆シャボテンリゾート株式会社、JASDAQ上場企業)の代表取締役社長に就任。同社グループを7年ぶりの黒字化に導く。2014年12月に当社設立と同時に代表取締役に就任。2016年4月より総務省地域力創造アドバイザー及び内閣官房地域活性化伝道師。2019年6月より国土交通省PPPサポーター。