ブログ

リーダーシップ往復書簡 081

  経営者にも一定数いるのですが、人を動かすためには、リーダーは怖くなければならないと誤解している人がいるように思います。日本人にありがちな「マッチョなリーダー像」をさらにダークで過激にした「怖いリーダー像」とでも言えばいいでしょうか。 若かりし頃、私は、メンターの方に、リーダーは愛され畏れられなければならないと教えられました。...

続きを読む

リーダーシップ往復書簡 080

  人を慮る、人に優しくする、人を愛する・・・あと少しで不惑になる私ですが、これらのことについて考えると、日々なんて難しいのだろうと反省をさせられます。 本連載では度々「人は性善なれど弱し」ということを紹介させていただいておりますが、恥ずかしながら、それこそ平時であっても、人が性善でいることは難しいことなのではないかと思う時があります。...

続きを読む

リーダーシップ往復書簡 079

  本連載を続けてお読みいたいだいている方からすれば、もはや当たり前のことかもしれませんが、社長という地位に就いたからといって、部下に慕われ、影響力で人を動かすことができるリーダーになれるわけではありません。職位と真のリーダーは別物です。 今回ご縁あって、一般社団法人日本プロ経営者協会のオンライン無料ウェビナーで、2021年4月6日19時から「中小・中堅企業で求められるプロ経営者のリーダーシップ~人を動かす本当の影響力」というタイトルでお話させていただくことになりました。...

続きを読む

リーダーシップ往復書簡 078

  リーダーシップに興味を持てば持つほど、その神髄、奥深さに唸らせられます。 リーダーシップには夢と実現可能性、情熱と冷静さ、フォロワーに対する優しさと厳しさなど相反することが要求されることが、分かりづらさと難しさの要因のように思います。...

続きを読む

リーダーシップ往復書簡 077

  私は長らく本連載を含めてリーダーシップについてWEBメディアで記事を書かせてもらったりSNSで情報発信したりしているのですが、多くの読者の方から「うちの会社(経営者)にも当てはまる」や「まるで自分の一番の課題を指摘されているよう」とコメントバックをいただきます。 このことから分かるのは、いかに多くの会社で、経営トップのリーダーシップが不足しているのか、サラリーマンの間でリーダーシップに対する理解が不足しているかだと思います。...

続きを読む

リーダーシップ往復書簡 076

  今日はお金について書きたいと思います。私は32歳の時に上場会社の代表取締役社長を解任されていますし、資本主義社会で経営者をしている以上、お金のパワーを嫌というほど理解しているつもりです。...

続きを読む

リーダーシップ往復書簡 075

  最近、休日に、娘の付き添いで公園に一緒に遊びに行くことが多いのですが、小さい子どもたちに、リーダーシップを見ることができて、非常に学びが多いです。 子どもたちは遊びに際して「仲間に入れて」「一緒に遊ぼう」と声がけをします。そして、自分たちよりもさらに小さい子どもがいたら「大丈夫?」と声をかけ、危ない遊びをしている子どもがいたら「危ないよ」と声をかけます。...

続きを読む

リーダーシップ往復書簡 074

  リーダーが掲げる夢の力は偉大だと本当に思います。会社経営においては、経営者は、経営理念の価値を忘れてはならないと思います。 ここ数回にわたり、リーダーシップには地位や立場は関係ないことを記載してきました。 リーダーシップを正しく発揮するうえで大事なことは、リーダーでもフォロワーでも、全員が対等であることが現実に実感できることだと思います。お互いに努力して一つの目標を実現したいと思えるのは、全員が対等だと信じられるからです。...

続きを読む

リーダーシップ往復書簡 073

  リーダーとなり旗振り役をしていると沢山の役得があります。今回は、その中でも特に2つをご紹介したいと思います。 それは、尊敬すべき優れたリーダーにたくさん出会えることと、他の優れたリーダーから直接的にリーダーシップを学ぶことができることです。 小さい会社など少ないフォロワーであっても、リーダーシップを発揮していると、いろいろな人が他の優秀なリーダーを紹介してくれます。...

続きを読む

リーダーシップ往復書簡 072

  前回にも記載しましたが、リーダーシップには地位や立場は関係ありません。 そのため、組織においては地位のある上司がいたとしても、その人が必ずしもリーダーシップを発揮できているとは限らないですし、部下が実質的にはリーダーということもあります。 以前から「リーダーはリーダーを育てる」という考え方を紹介してまいりましたが、真のリーダーである部下が、上司をリーダーに育てるということも実際に起こり得ることなのです。 多くのサラリーマンは、「人を管理する」というマネジメントの視点に慣れ過ぎているように思います。...

続きを読む