上場会社の経営者や大株主のためのエクイティ・ソリューション・サービス

固定株価現金化プログラム「TLP™」

固定株価現金化プログラム「TLP™」とは?

固定株価現金化プログラム「TLP™」(Target Liquidation Program、通称:ティー・エル・ピー)は、予め決めた株価で保有株式の現金化を図ることができる、上場会社の経営者や大株主のためのエクイティ・ソリューション・サービスです。

「TLP™」は、株式会社スーツ・ウェルス・マネジメントが、2020年7月より、金融工学を活用したシステムと予め定められた株式売買オペレーションによる機械的売買プログラムとして提供しています。

「TLP™」は、上場会社の経営者や大株主で保有株式の現金化を考えている人の中でも、特に以下の方を想定したソリューション・サービスです。

1

信託銀行の株式処分信託や証券会社の立会外分売などの金融機関の株式処分サービスの報酬が高いとお考えの方。

2

ブロック・トレード(立会外・市場外取引)の相手方である証券会社や機関投資家より大幅なディスカウント率を求められている方。

3

そもそも、ブロック・トレードの相手方である証券会社や機関投資家が見つからず、保有株式のご自身での市場売却をご検討されている方。

4

上場株式の流動性を確保するために、証券会社の立会外分売などをご検討されている方。

5

経営権を保持したまま、保有株式の一部の売却を検討されている上場会社の経営者・大株主の方。

6

インサイダー取引規制や株価操縦などコンプライアンス面と株価の売り崩し懸念の観点から、保有株式のご自身での市場売却にご不安を感じている方。

「TLP™」の特長

以下の表は、上場会社の経営者や大株主が保有株式を現金化する方法である 「TLP™」、② 信託銀行の株式処分信託、③ 証券会社の立会外分売、④ ブロック・トレード、そして、⑤ 市場売却を比較したものです。

TLP™ 株式処分信託 立会外分売 ブロック・トレード 市場売却
取 引 先 弊社 信託銀行 証券会社 買い手候補
※ いれば
市場
取引の報酬 × × ×
取引の機動性 × × × ×
※ インサイダー取引 規制期間外のみ
売却価格
※ 条件設定次第※ プレミアム!

※ 条件設定次第

※ 条件設定次第
×
※ ディスカウント

※ 市場次第
株価下落リスク × ×
財務局対応 ×

「TLP™」は、報酬、機動性、売却価格、株価下落リスクや財務局対応など記載の全ての項目において、他サービスと比べ、競争優位性があります。

「TLP™」のサービス化の背景

株式会社スーツ・ウェルス・マネジメントが「TLP™」をサービス化した理由は、信託銀行の株式処分信託や証券会社の立会外分売など金融機関が提供する株式処分サービスの報酬が高いことや、一般的にブロック・トレードにあたり相手方である証券会社や機関投資家より大幅なディスカウント率を求められることなどから、上場会社の経営メンバーや大株主が、過大かつ不透明なリスクの負担と経済的な支出をしているケースが多いことに問題意識を持ったためです。

もちろん、株式を現金化する際に一定の取引コストがかかることは、現代における「資本市場の規律」とも言えます。

しかし、上場会社の大株主の中には、当該上場会社を創業した経営メンバーが含まれていることが多く、特に新興市場においては顕著です。一般的に、経営メンバーは、会社経営のプロフェッショナルではありますが、金融について豊富に知識がある方ばかりではないため、資本市場にコンタクトする際には信託銀行や証券会社などの金融プレイヤーにサポートを依頼します。

そのため、経営メンバーと金融プレイヤーとの間では「情報の非対称性」が生じています。

このような「情報の非対称性」が存在する中で、上場会社の経営メンバーや大株主の保有株式の現金化が行われます。その結果、金融機関が高い手数料を収受したり、ブロック・トレードに際して大幅なディスカウント率の条件にて株式を買い上げることで、買い方の機関投資家に便宜を提供したりと、上場会社の経営メンバーや大株主にとって、不利益な取引がなされているケースがあると考えています。

「TLP™」は、このような問題に対して、長年にわたり経営努力をしてきた上場会社の経営者・大株主に寄り添いたいという想いから考えられたエクイティ・ソリューション・サービスです。

「TLP™」のサービス化の背景

株式会社スーツ・ウェルス・マネジメントが「TLP™」をサービス化した理由は、信託銀行の株式処分信託や証券会社の立会外分売など金融機関が提供する株式処分サービスの報酬が高いことや、一般的にブロック・トレードにあたり相手方である証券会社や機関投資家より大幅なディスカウント率を求められることなどから、上場会社の経営メンバーや大株主が、過大かつ不透明なリスクの負担と経済的な支出をしているケースが多いことに問題意識を持ったためです。

もちろん、株式を現金化する際に一定の取引コストがかかることは、現代における「資本市場の規律」とも言えます。

しかし、上場会社の大株主の中には、当該上場会社を創業した経営メンバーが含まれていることが多く、特に新興市場においては顕著です。一般的に、経営メンバーは、会社経営のプロフェッショナルではありますが、金融について豊富に知識がある方ばかりではないため、資本市場にコンタクトする際には信託銀行や証券会社などの金融プレイヤーにサポートを依頼します。

そのため、経営メンバーと金融プレイヤーとの間では「情報の非対称性」が生じています。

このような「情報の非対称性」が存在する中で、上場会社の経営メンバーや大株主の保有株式の現金化が行われます。その結果、金融機関が高い手数料を収受したり、ブロック・トレードに際して大幅なディスカウント率の条件にて株式を買い上げることで、買い方の機関投資家に便宜を提供したりと、上場会社の経営メンバーや大株主にとって、不利益な取引がなされているケースがあると考えています。

「TLP™」は、このような問題に対して、長年にわたり経営努力をしてきた上場会社の経営者・大株主に寄り添いたいという想いから考えられたエクイティ・ソリューション・サービスです。

お問い合わせフォーム

免責事項

本サイトは情報提供のために作成されたものであり、証券やその他の金融商品の売買や引受けを勧誘する目的で使用されたり、あるいはそうした取引の勧誘とみなされたり、証券その他の金融商品に関する助言や推奨として解釈すべきではありません。また、本サイトで提供する情報を、金融その他の専門的なアドバイスとして捉え、これに依拠することはできません。さらに、事前に当社の許可を得ることなく、本サイトに記載ないし掲載した資料、内容、複製の一部あるいは全部に手を加えたり、第三者に送信、複製および配布することは、その方法の如何にかかわらず、一切禁止されております。また、本サイト上に掲載した資料を使用した場合に生じた損失につきましては、一切の責任を負いません。