CEO

リーダーシップ往復書簡 074

  リーダーが掲げる夢の力は偉大だと本当に思います。会社経営においては、経営者は、経営理念の価値を忘れてはならないと思います。 ここ数回にわたり、リーダーシップには地位や立場は関係ないことを記載してきました。 リーダーシップを正しく発揮するうえで大事なことは、リーダーでもフォロワーでも、全員が対等であることが現実に実感できることだと思います。お互いに努力して一つの目標を実現したいと思えるのは、全員が対等だと信じられるからです。...

続きを読む

リーダーシップ往復書簡 073

  リーダーとなり旗振り役をしていると沢山の役得があります。今回は、その中でも特に2つをご紹介したいと思います。 それは、尊敬すべき優れたリーダーにたくさん出会えることと、他の優れたリーダーから直接的にリーダーシップを学ぶことができることです。 小さい会社など少ないフォロワーであっても、リーダーシップを発揮していると、いろいろな人が他の優秀なリーダーを紹介してくれます。...

続きを読む

リーダーシップ往復書簡 072

  前回にも記載しましたが、リーダーシップには地位や立場は関係ありません。 そのため、組織においては地位のある上司がいたとしても、その人が必ずしもリーダーシップを発揮できているとは限らないですし、部下が実質的にはリーダーということもあります。 以前から「リーダーはリーダーを育てる」という考え方を紹介してまいりましたが、真のリーダーである部下が、上司をリーダーに育てるということも実際に起こり得ることなのです。 多くのサラリーマンは、「人を管理する」というマネジメントの視点に慣れ過ぎているように思います。...

続きを読む

リーダーシップ往復書簡 071

  本連載を毎週書き始めて以来、リーダーシップとは何か、リーダーとはどういう人かについて、日々、深く考えています。 日常生活において、リーダーシップという言葉は、それこそ、いろいろな意味で使われています。単なる主体性や自主性という意味合いだけで使われる時もあって、内発的動機付けから、自分のやりたいことをやっているということだけなのに、リーダーシップという言葉が使われていることもあります。 私は、リーダーシップの本質とは、誰かに貢献したいという願望、世のため人のためなど、より高い目標に奉仕したいという願望だと考えています。...

続きを読む

リーダーシップ往復書簡 070

  リーダーシップの考え方では、社会や組織における地位や立場は一切関係ありません。世のため人のためという共通目的の下においては、全ての人が対等な人間関係なのです。 そのため、もしあなたがリーダーであるならば、例え相手が大物政治家であろうがマフィアのボスであろうが、どのような権威や権力に対しても臆することなく、一人の人間として、一国一城の主として、しっかりと対峙しなければなりません。...

続きを読む

リーダーシップ往復書簡 069

  最近、久しぶりにメンターの方とお話をする機会があったのですが、「どのような立場であれ(むしろ自分の立場が劣勢である場合こそ)、正しいことを言うことが自分の流儀である。」、「いつ、誰に聞かれても恥ずかしくない、誰に対しても変わることのない、正しい話しかしてはいけない。」という話をサラリとしていて感服しました。 私のメンターは今年で80歳になられる大ベテランなのですが、リーダーシップとインテリジェンスは、一度身についたら、劣化しないスキルだと思わせられました。...

続きを読む

リーダーシップ往復書簡 068

  私は、以前から、リーダーが、正しくリーダーシップを発揮していれば、フォロワーは必ず成長する。つまりは、フォロワーが成長しているか否かで、そのリーダーが正しくリーダーシップを発揮しているかが分かると言ってきました。 私は、長年にわたり、リーダーとして旗振り役をしているので、「人の成長」については一家言を持っています。 「リーダーシップ往復書簡 003」でも記載をしましたが、成人発達理論によれば、「水平的な成長」とは知識やスキルの獲得で、それに対して、「垂直的な成長」とは「人間の器」の広がりのような認識の変化を言います。...

続きを読む

リーダーシップ往復書簡 067

  リーダーは、私がいつもご紹介する「人は性善なれど弱し」もそうですが、人間の本質について、理解を深めなければなりません。 人間は思っていることと言葉が必ずしも一致しませんし、もっと言えば、人間は嘘をつく生き物なのです。そして、簡単に、善悪・好き嫌い・長所短所などという言葉で言い表すことができないぐらい多面的で複雑な生き物です。 そのため、リーダーが、フォロワーの一面だけ見て、その人そのものの価値判断をしていたら、おかしくなってしまうのです。...

続きを読む

リーダーシップ往復書簡 066

  あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。本連載も今年初の更新となります。 2021年も、ゆるくリーダーシップについて記載して、読者の皆さんに対して、少しでも気づきや示唆をご提供できればと思います。今年も、後半のQ&Aでは、読者の方からのご質問をお受けしたいと思いますので、リーダーシップにご興味ある方はお気軽にFacebook Messengerなどでご連絡いただければと思います。 2021年初めての更新なので、今回は、普通の読者の方からすると、やや頭のオカシイ(?)話を書こうと思います。...

続きを読む

リーダーシップ往復書簡 065

  早いもので2020年も終わろうとしています。特に春先から新型コロナウイルス感染症が世界的に流行し、with コロナ下で、リモートワークなど新しいライフスタイルが求められたためか、今年はあっという間に時が流れたように思います。 本連載も今回が年内最後の更新になりますが、多くの読者の皆様のご質問やコメントもあって、筆不精な私もどうにか年末まで連載を続けて来られました。御礼申し上げます。...

続きを読む