リーダーシップ往復書簡 068

 

私は、以前から、リーダーが、正しくリーダーシップを発揮していれば、フォロワーは必ず成長する。つまりは、フォロワーが成長しているか否かで、そのリーダーが正しくリーダーシップを発揮しているかが分かると言ってきました。

私は、長年にわたり、リーダーとして旗振り役をしているので、「人の成長」については一家言を持っています。

「リーダーシップ往復書簡 003」でも記載をしましたが、成人発達理論によれば、「水平的な成長」とは知識やスキルの獲得で、それに対して、「垂直的な成長」とは「人間の器」の広がりのような認識の変化を言います。

私がここで言う「人の成長」とは、後者の「垂直的な成長」のことで、「人間の器」の大きさなどと表現される、世界を認識する方法の変化のことです。

私はリーダーの役得だと思っていますが、フォロワーの「人間の器」が広がる瞬間に立ち会ったことが多々あります。

物事の捉え方が他責となり、閉塞感を感じて苦しんでいたフォロワーが、ある日、急に覚醒したように成長するのです。

「人間の器」が大きくなった結果、今までと同じ世界のはずなのに、全く違った見方で、世界をより鮮やかに深く捉えられるようになるのです。

人間は素晴らしいことに、いくつになっても世界を認識する方法を変えられます。

若かりし頃、私も、霧が急に晴れて、ある時を境に世界の見え方が変わった瞬間があったので、多くの人にこの素晴らしい経験をしてもらいたいと考えています。

リーダーであるからには、しっかりとフォロワーを成長させなければならないと思います。とはいえ、フォロワーに対して、「人を見て法を説け」で、真剣に一人ひとりに寄り添わなければ、なかなか簡単には「人間の器」は大きくならないものです。

リーダーシップについて疑問がある、質問をしたいという方がいらっしゃいましたら、コメントや個別にメッセンジャーでご連絡ください。

また、コメントも大歓迎です。もし興味ある人がいれば、これを酒の肴に一杯やりましょう!

 

画像1

 

【Q.68】
リーダーシップとキャリアについて、お考えを教えてください。

 

<コメント>

私はリーダーシップと、一般的に認識されている仕事・経歴・就職・出世などの狭義のキャリアの概念は、親和性があまり高いと思っていません。

リーダーシップは、過去に向かった概念ではなく、未来志向の考え方です。それに対して、キャリアは過去に通ってきた轍(わだち)なのです(なお、厚生労働省が提唱しているキャリアの概念では「時間的持続性ないしは継続性を持った概念」として定義されています。)。

リーダーとは、暗闇の中、集団の先頭で、たいまつを持って、フォロワーを率いて進む存在です。このような暗闇の中で、自分の足跡がどうなっているか気にする人はあまりいないでしょう。

スティーブ・ジョブズのスタンフォード大学の卒業生向けの言葉を紹介したいと思います。

私は、この言葉が、まさにリーダーシップとキャリアを正しく表現していると考えています。

「将来をあらかじめ見据えて、点と点をつなぎあわせることなどできません。できるのは、後からつなぎ合わせることだけです。だから、我々はいまやっていることがいずれ人生のどこかでつながって実を結ぶだろうと信じるしかない。運命、カルマ…、何にせよ我々は何かを信じないとやっていけないのです。私はこのやり方で後悔したことはありません。むしろ、今になって大きな差をもたらしてくれたと思います。」

 

 

※この記事は、2021年1月16日付Facebook投稿を転載したものです。

リーダーシップ往復書簡 067

 

リーダーは、私がいつもご紹介する「人は性善なれど弱し」もそうですが、人間の本質について、理解を深めなければなりません。

人間は思っていることと言葉が必ずしも一致しませんし、もっと言えば、人間は嘘をつく生き物なのです。そして、簡単に、善悪・好き嫌い・長所短所などという言葉で言い表すことができないぐらい多面的で複雑な生き物です。

そのため、リーダーが、フォロワーの一面だけ見て、その人そのものの価値判断をしていたら、おかしくなってしまうのです。

本連載でも以前からリーダーは、インテリジェンスを習得する必要があることを書いてきています。

分かりやすい例としては、サラリーマンの愚痴が挙げられます。愚痴を表面的な言葉で捉えると、ただ単に良くない言葉に聞こえるかもしれませんが、その愚痴が生じたコンテキスト(文脈や背景)を正しく理解する必要があります。

例えば、現場が変わろうとしている時や組織全体が成長している時にも、愚痴は付き物なのです。人間は負荷がかかれば、例え大局的にはポジティブであっても、愚痴を言うのです。もちろん、リーダーは、フォロワーの愚痴の声のトーンにも注目する必要があります。成長企業の場合の多くは「明るい愚痴」なのです。スタッフが愚痴をこぼさないならば、スタッフに負荷がかかっていないことでもあり、逆に、成長企業としては問題かもしれません。

特にリーダーとフォロワーの直接的なコミュニケーションにおいては、フォロワーは、リーダーの組織上の地位などの権威に忖度して、あくまで表面的な言葉だけで、本心を言いません。そのため、リーダーは、フォロワーの表情や声のトーンなども含めて、本心を読み取る必要があります。

組織の問題点の把握においても、一人だけからの情報だと事実認識が歪む可能性があります。リーダーは、なるべく複数人から情報取得をして、事実と評価を分けて、多面的に分析をする必要があります。そうすれば、客観的な状況について理解をすることができますし、当事者の心理状況も手に取るように把握することができます。

そして、リーダーは、フォロワーの本心を知るために、これらの行動を繰り返すことが重要になります。例えば、前述のように、リーダーが一人の発言に依拠して意思決定をするということは、フォロワーにとって怖いことでしかありません。このようなリーダーならば、すぐにリーダーの周りには太鼓持ちであふれかえってしまいます。そうなるとリーダーには耳障りの良い話しか入ってこなくなり、中長期的にはマイナスなことしかありません。

このようにリーダーの人間の本質を知ろうという行動は、フォロワーのリーダーに対する信頼にも繋がっていくのです。

リーダーシップについて疑問がある、質問をしたいという方がいらっしゃいましたら、コメントや個別にメッセンジャーでご連絡ください。

また、コメントも大歓迎です。もし興味ある人がいれば、これを酒の肴に一杯やりましょう!

 

画像1

 

【Q.67】
最近、サーバント・リーダーシップという言葉をよく聞きますが、これが目指すべきリーダーシップのスタイルということなのでしょうか?

 

<コメント>

サーバント・リーダーシップは、今から約半世紀前の1970年に、ロバート・グリーンリーフが提唱した「リーダーは、まずフォロワーに奉仕し、その後、フォロワーを導くものである。」というリーダーシップのスタイルです。

一般的な人々が考えるリーダー像として、ネアカで、常に強い人で、いつでも「俺について来い!」と言って先頭を走っている組織のトップという「マッチョなリーダー像」が挙げられると思いますが、サーバント・リーダーシップは、それとは逆のイメージになるのではないかと思います。

さて、いただいたご質問に回答をすると、サーバント・リーダーシップは素晴らしい考え方だと思いますが、必ずしも質問者の方に合ったリーダーシップのスタイルかどうかは分かりません。

私は、リーダーシップとは、リーダーの特性・個性によってスタイルが違うということもありますし、その時その時で、フォロワーから求められるスタイルが変わるものだと思っています。

そのため、歴史上の人物で考えると、織田信長のような人もいれば、豊臣秀吉のような人もいますし、徳川家康のような人もいるわけです。

質問者の方は、あなたにとってのリーダーシップのスタイルを追求すべきだと思いますし、それが必ずしも固定化されるものでもないということを理解したほうがいいかと思います。

極端な話、自分が苦手な状況下においては、他人にリーダーの座を譲ることも含めて、リーダーシップのスタイルには様々あると思います。

 

 

※この記事は、2021年1月9日付Facebook投稿を転載したものです。

リーダーシップ往復書簡 066

 

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。本連載も今年初の更新となります。

2021年も、ゆるくリーダーシップについて記載して、読者の皆さんに対して、少しでも気づきや示唆をご提供できればと思います。今年も、後半のQ&Aでは、読者の方からのご質問をお受けしたいと思いますので、リーダーシップにご興味ある方はお気軽にFacebook Messengerなどでご連絡いただければと思います。

2021年初めての更新なので、今回は、普通の読者の方からすると、やや頭のオカシイ(?)話を書こうと思います。

私は常日頃から「神がかった奇跡を起こしたい。」と思っています。もっと言うと「自分ならば奇跡が起こせるに違いない。」です。

新年早々、滅茶苦茶なのはよく分かっています。もちろん、私もアラフォーでもういい年齢ですので、「モーセの十戒」のように、人間が物理的に海を割れないことは十分に理解しています。

私は20代は企業再生、30代は経営コンサルタントをしていますので、社会人になってから、毎日ずっとロジカルシンキングを駆使して過ごしています。しかし、ここ最近は、論理的な帰結にならないことにこそ、逆に価値を見出してしまう自分がいるように思います。

いろいろな会社の経営に携わっていると、論理的な経営戦略以上に、極めて感覚的な経営理念、企業文化や会社のトップの「あり方」が、中長期的な経営成績に跳ね返ってくることが分かってきます。

リーダーは、プラグマティック(実利さ)さとヒロイックさ(英雄的)が両立していなければ、より多くの人を魅了するには不十分なのです。

過去の様々な英雄譚を見ても、その中で奇跡のようなエピソードがあります。英雄とまで表現するとミスリードかもしれません。近代の著名な政治家や経営者でも同じだと思います。

私は、ロジカルシンキングで合理的に辿り着く「やり方」だけでなく、さらに本質的な方法で、人や組織に前向きな変化を確実に生み出せるようになりたいと思うのです。

私は企業再生という仕事が大好きなのですが、理由は、様々な理由から後ろ向きだった人々が、前を向き始めて、自律的に歩み始める手伝いができるからです。魂に火をつけるとでも形容すればいいでしょうか。企業の再生とは、人の再生だと思います。

2021年は、多くの人が考える論理的な帰結を超越するような奇跡を起こして、より多くの人を魅了していきたいと思います。

リーダーシップについて疑問がある、質問をしたいという方がいらっしゃいましたら、コメントや個別にメッセンジャーでご連絡ください。

また、コメントも大歓迎です。もし興味ある人がいれば、これを酒の肴に一杯やりましょう!

 

画像1

 

【Q.66】
リーダーの時間の使い方で、仕事とプライベートの時間のバランスはどのように図るべきでしょうか?

 

<コメント>

昨今、小泉環境大臣が育児休暇を取得するなど、リーダーの時間の使い方に焦点が当たることが多くなっていると思います。

当たり前ですが、多くの場合、リーダーにも、家族や友人がいますし、プライベートな時間があります。

とはいえ、私は、リーダーは、できる限り、全ての時間を仕事に費やすべきだと考えています。できることならば、24時間365日を夢や目標のために費やすべきだと思います。

このようなことを言うと非人間的などと言われてしまいそうですが、口に出して言うかどうかはさておき、多くのフォロワーがリーダーに求めていることは、人間を超越した(非人間的な)ことだ思いますし、だからこそ、フォロワーはそのリーダーに追従するのだと思います。

私はリーダーとフォロワーの能力差はあまりないと考えています。そのため、差がつく部分は、その夢や目標に対する情熱ぐらいしかないと考えます。そのため、多くのフォロワーにとって分かりやすいのは、リーダーがどれだけ夢や目標に対して時間を費やしているかなのです。時間だけは全ての人に対して平等で、誰しも1日は24時間しかありません。

もしリーダーに素晴らしい能力があって、短時間しか稼働しなかったとしても、フォロワーが心から納得すればよいと思いますが、このような場合、目指している夢や目標のレベルが低い場合がほとんどだと思います。

一般的に達成したいことが夢と形容するようなレベルならば、フォロワーも多くの時間を費やさなければならないでしょうし、さらにリーダーはフォロワーよりも多くの時間を費やさなければならないでしょう。

また、リーダーは、家族や友人に対しても、この夢を追いかけている社会的な意義や、多くのフォロワーがリーダーに期待していることを説明して、共感して応援してもらわねばならないと思います。家族や友人も、フォロワーにしなければなりません。

リーダーは、24時間365日、目標達成のため、フォロワーのため、世のため人のために尽くさなければなりません。

厳しい言い方をしますが、もしそれが嫌ならば、リーダーとして壮大な夢など描かなければよいのです。人類は偉大です。もしあなたがリーダーとならなくても、誰かが代わりに、その夢を現実のものにしてくれるでしょう。

 

 

※この記事は、2021年1月2日付Facebook投稿を転載したものです。

リーダーシップ往復書簡 065

 

早いもので2020年も終わろうとしています。特に春先から新型コロナウイルス感染症が世界的に流行し、with コロナ下で、リモートワークなど新しいライフスタイルが求められたためか、今年はあっという間に時が流れたように思います。

本連載も今回が年内最後の更新になりますが、多くの読者の皆様のご質問やコメントもあって、筆不精な私もどうにか年末まで連載を続けて来られました。御礼申し上げます。

さて、年内最後のテーマですが、私が伝えたいリーダーシップに関することの前提にいつもあるのは、経営学者の伊丹敬之先生が仰っている「人は性善なれど弱し」です。

全ての人は、本来ならば善い人ばかりで悪い人はいなけれども、決して強い存在ではなくて弱い存在である。

心にゆとりある平時であれば笑っていられるようなことであっても、自分に自信がなくなって不安になって精神的に追い詰められていれば、人は簡単に嘘もつくし、悪い行いもするのです。

こういった人間の特性を理解したうえで、リーダーは「性善でいて強い」存在にならなければならないと思います。そして、一般的な「性善なれど弱し」の人々であるフォロワーの「荷物」も持ってあげる必要があります。

優れたリーダーになるためには、暗闇の中を先頭で進む不安と戦い、フォロワーが本当に自分についてきてくれているかという不安とも戦い、もし手元に組織上の権限(パワー)があったとしても安易に行使せず、そして、どのような状況下においても、フォロワーのことを慮れるかどうかが大事になってくると思います。

私も39歳となって、リーダーシップという深遠なテーマについて、一人前にこのように語らせていただいていますが、まだまだリーダーとしての人生の修養が必要だと思っています。

例えどんなに追い詰められたり忙しかったりする状況下にあっても、周囲の人全てに気を遣い、それらの人々の「荷物」も抱えてあげて、愛を持って人に接することができるかが問われています。

私の「リーダーシップの旅」はまだまだ続きます。2020年も大変お世話になりました。来年もよろしくお願いします。

リーダーシップについて疑問がある、質問をしたいという方がいらっしゃいましたら、コメントや個別にメッセンジャーでご連絡ください。

また、コメントも大歓迎です。もし興味ある人がいれば、これを酒の肴に一杯やりましょう!

 

画像1

 

【Q.65】
今後さらにデジタルが人類に普及する過程で、リーダーシップは変容していくのでしょうか?

 

<コメント>

以前「リーダーシップ往復書簡 021」において、リーダーのSNS活用についてご質問を受けたことがありますが、デジタルはあくまで手段・道具であり、これによってリーダーシップの本質そのものが変わることはないと考えています。

もちろん、リーダーの具体的な行動は、手段・道具の進化とともに、時代とともに変わっていくと思いますし、その時代に適した手段・道具を使いこなすことも、リーダーとして求められていることだと思います。

さすがに多くの人々が当たり前のように使いこなしている手段・道具を使えない程度の情熱しかないのでは、リーダーとして失格になってしまいます。

特に私はデジタルの普及は素晴らしいことだと捉えています。

今ではデジタルとは業界を問わない一般的な言葉になっていますが、デジタルの中核にあるのは、Information Technologyと表現されるように情報通信技術です。

昔と違って、デジタルの普及のおかげで、コミュニケーション・コストがこれだけ下落しているわけですから、世のため人のために何かやりたいリーダーにとって、素晴らしい環境が揃っていると思います。

リーダーが世のため人のために一歩踏み出して、フォロワーの共感を集めることができれば、遠隔地同士であっても何かを具現化することもできますし、それこそお金だってクラウド・ファンディングのように小口化して大衆から集めることもできるようになっています。

リーダーシップの本質は変わらないと思いますが、デジタルによってマネジメント・スキルはじめ知識などは相対的に価値が下落していますので、ますますリーダーシップが求められるようになってくると思います。

 

 

※この記事は、2020年12月27日付Facebook投稿を転載したものです。

リーダーシップ往復書簡 064

 

企業再生をしていると、毎回のように「私がいなくなったら困りますよ。」とか「その仕事は、私にしかできない仕事ですよ。」と脅されます。

もちろん、その人にしかできない仕事が全くないとは言いませんが、多くの場合は、そのような特定の個人に紐づいた仕事がそうあるわけではありません。

会社が属するそれぞれの業界には、どんなに少なく見積もっても数百人から数万人の同じ業界人、つまりプロフェッショナルがいます。

そのため、ほとんどの場合は、「私がいなくなっても困らない」ですし、「その仕事は、私以外でもできる仕事」なのです。

なぜこのような話をしてくる人が多くいるのか。それは多くの場合、会社が良くなることに対して、自分の居場所はなくなってしまうのではないかと不安に駆られているからです。つまるところ、自分に自信がないのです。

そういった人たちは、いざという時に、自分の身を守るために常日頃から種をまいています。具体的には私だけしか分からない「ブラックボックス」を作るのです。外部との接点を自分だけにしたり、他のスタッフには難しい言葉でけむにまいたりして「大変だ。大変だ。」を繰り返すのです。

リーダーは、前向きなエネルギーを持って、こういった不安な人たちを安心させて、前を向かせて、再成長させなければなりません。

私もプロ経営者と名乗らせていただいていますが、他の経営者よりも少しだけ経営者歴が長いので、その分くらいは上手く会社経営できる自信はありますが、私でなければ務まらない仕事はないと思います。

人生と同じで、私たちは次の世代にバトンを繋ぐことが求められていて、自分でせき止めてしまってはいけないのです。ちゃんと次にバトンを繋ぐとしても、多くの先人たちは、その役割を果たしながら楽しい毎日を送っています。

リーダーは、不安に駆られている人が「自分がそこにいても大丈夫なんだ」という安心感を与えられなければなりません。

リーダーシップについて疑問がある、質問をしたいという方がいらっしゃいましたら、コメントや個別にメッセンジャーでご連絡ください。

また、コメントも大歓迎です。もし興味ある人がいれば、これを酒の肴に一杯やりましょう!

 

画像1

 

【Q.64】
私は、会社で経営者などではなく、まだまだ若手社員なのですが、どのようにリーダーシップを発揮すればいいでしょうか?

 

<コメント>

本連載でも繰り返し述べてきていますが、リーダーシップに立場は関係ないのです。

そのため経営者であれ若手社員であれ、リーダーシップを発揮することはできます。

会社に所属する若手社員であったとしても、お客様が喜んでくれ、一緒に働くスタッフも喜んでくれ、社会からも評価され、商売としても十分に利益が取れる内容であれば、会社全体を動かすことができるでしょう。

例え若手社員であっても、リーダーシップを発揮すれば、その会社の公式な権限を持つ経営者としっかりと話ができ、その経営者を動かすことができるはずです。

多くのサラリーマンは、経営者が悪い、会社のルールがない、他の部署の問題だからなど誰かのせいにして、一歩を踏み出さなくなってしまっているのです。

世の中を良くすること、会社を良くすることは、意志さえあれば、誰にでもできることなのです。

私は多くのサラリーマンに同じ話をしています。まずは明日会社に行ったら、リーダーシップを発揮して、隣の人を捕まえて「会社を良くしたい」と話をすべきだと思います。

別にこれは恥ずかしいことではありませんし、むしろ組織人として立派なことだと思います。きっと新入社員として希望を持って入社したときには、恥ずかしげもなく、このような話をしていたのではないでしょうか。

世のため人のため、お客様のため、会社のため、周りの人のためという純粋な想いが人を動かすのです。質問者の方がリーダーシップを発揮することを期待しています。

 

 

※この記事は、2020年12月20日付Facebook投稿を転載したものです。