私が経営する株式会社スーツは、プロ経営者の育成と中小企業市場の活性化に志を持っています。

主たる業務では、時価総額100億円以下のクライアント企業に対して、外部の経営企画室のような立ち位置で、プランニングに留まらず「実行」まで行う経営支援をしています。

このような業務を遂行していく上で、不可欠な能力は、リーダーシップです。

新たな仲間を口説き落とし経営資源を獲得する巻き込む力、既存のステークホルダーをまとめる調整力、夢や希望をストーリーにするコミュニケーション力、そして、物事をスピード感をもって形にする推進力など優れたリーダーシップが求められています。

私自身も、マネジメントに関するプロフェッショナルというよりも、リーダーシップに関するプロフェッショナルでありたいと考えています。

リーダーシップには、地位や権限は関係ありません。どのような立場であれ、発揮することができます。

そこで、スーツ社では、リーダーシップを発揮し、陰になり日向になり、日々クライアント企業をサポートしています。

リーダーシップについて疑問がある、質問をしたいという方がいらっしゃいましたら、コメントや個別にメッセンジャーでご連絡ください。

また、コメントも大歓迎です。もし興味ある人いれば、これを酒の肴に一杯やりましょう!

 

 

【Q.11】
「この人はリーダーシップがあるな」と思われる人に、特有の言動や言動のパターンはありますか?

 

<コメント>

私のリーダーシップの有無の判断ですが、中長期的なチェックポイントは、以下の3つです。
 1.言行一致して「結果」を出せているか
 2.フォロワーを成長させているか
 3.自身が成長しているか

また、短期的なチェックポイントは、ご質問いただいた通り、リーダーの発言から判断するしかないと思います。以下の3つです。なお、この3つのチェックポイント全てを充足していないとリーダーではないと思います。
 1.社会のためになる、一般の人が共感する、夢・やりたいことがある
 2.リーダーとしての自負がある、主体性がある、覚悟がある
 3.お金や組織、戦略など、現実と向き合っている

今回のご質問は後者ですので、後者について、補足説明をします。

リーダーシップが足りない場合を記載するとより理解が進むのではないかと思いますので、例示します。

(1)社会のためになる夢はあるが、誰かがやってくれたらなと考えたり、お金や組織構築などは煩わしいからあまり考えたりしたくないと思っているサラリーマン

(2)リーダーとしての自負があり、お金や組織なども現実的に考えているが、やりたいことが分からない2代目の経営者

(3)社会的なテーマを見つけ、リーダーとして歩み始めたが、お金のことは苦手と避けている社会起業家

・・・などなど、様々な事例があると思います。

優れたリーダーは、あくまで自分を主語に、社会のためになる夢を語ることができ、なおかつ、真摯に現実と向き合っている人だと思います。

 

 

※この記事は、2019年10月27日付Facebook投稿を転載したものです。

株式会社スーツ 代表取締役 小松 裕介

 2013年3月に、新卒で入社したソーシャル・エコロジー・プロジェクト株式会社(現社名:伊豆シャボテンリゾート株式会社、JASDAQ上場企業)の代表取締役社長に就任。同社グループを7年ぶりの黒字化に導く。2014年12月に当社設立と同時に代表取締役に就任。2016年4月より総務省地域力創造アドバイザー及び内閣官房地域活性化伝道師。2019年6月より国土交通省PPPサポーター。