リーダーシップ往復書簡 039

 

前回に引き続き、リーダーとして向き合わざるを得ない、正しさや倫理観について共に考えたいと思います。

正しいことをしなければいけない。倫理観を持って生きなければならない。この当たり前のことが、本当に難しく、いつも悩まされます。

さすがに平時であれば悩むこともありませんが、追い詰められたときにあっても、正しく倫理的でいられるか。もし組織が危機的な状況にあったり自分が苦しい状況にあったりした時でも、正しいことをし続けられるのか。ここなのです。

例えば組織が危機的な状況にあって、どうにかしなければとフォロワーも全員が考えていると、平時ではフォロワーが即座に断るような実益はあるが倫理的にヤバイ案件が、秘密裡にリーダーにまで上がってくるのです。

さすがにこの手の話の多くはごく少人数の幹部だけで共有され、衆人環視の下でこの意思決定を迫られることはないと思いますが、リーダーとしては正義が試される局面です。

平時のように正しい意思決定をした場合、それでこそ私たちのリーダーだと賞賛されるかもしれません。但し、結果として、その後、組織がおかしくなった場合は、所詮、覚悟がないリーダーだったと言われるかもしれません。

倫理観よりも実益を優先する意思決定をした場合、仕方なかったとか、フォロワーのために泥をかぶったとか評価する人もいるかもしれません。逆に、時と場合によって言うことが違う情けないリーダーだと言う人もいるかもしれません。

また、これについては正しさ・倫理観の程度もあるでしょう。嘘をつくようなレベルの話から、法律を犯してしまうような話まで様々だと思います。

当たり前に、どのような時であっても常に正しく、倫理的でなければならないのですが、備えをしていたとしてもブラックスワンのような出来事があって、思いがけず危機に直面するものです。

最近では、新型コロナウイルス感染症問題によって、多くのリーダーが、大小様々な論点で、正しさや倫理観を試されているのではないでしょうか。

リーダーシップについて疑問がある、質問をしたいという方がいらっしゃいましたら、コメントや個別にメッセンジャーでご連絡ください。

また、コメントも大歓迎です。もし興味ある人がいれば、これを酒の肴に一杯やりましょう!

 

【Q.39】
リーダーシップを理解することと実行することの違いについて教えてください。

 

<コメント>

リーダーとは、暗闇の中、集団の先頭で、たいまつを持って、フォロワーを率いて進む存在です。

この例え話の通りで、暗闇の中では、もし詳しく知っているとしても、それを実行することは難しいのです。

これは学問全てに言えることだと思いますが、知識としての理解と実行には大きな隔たりがあります。

リーダーシップの場合は、MBAで習うような内容については、複雑な計算式があるわけでもありませんし、沢山のボリュームがあるわけではありません。

そのため、興味のある方ならば、学術的な分類や諸説について、簡単に習得することができるのではないかと思います。

しかし、リーダーシップを実行するのは非常に大変です。

本来、リーダーシップとは、無理に発揮するものではないからだと思います。

リーダーは自然体・ありのままで、「やり方」ではなく「あり方」が大事なのです。

頭で理解したとしても、勇気を持って一歩踏み出すことは簡単にできることではありませんし、自分のためではなく誰かのため、世のため人のために汗をかくことも易々とできることではありません。

私はリーダーシップを身に着けたい人は、リーダーとして歩んでいる人が、まさに歩んでいる時に、リーダーシップの座学の勉強をするのが一番効率が良いと考えています。

座学から入って、いかに理論に詳しくとも、それは知識に過ぎず、その人がそのまま良いリーダーになれるとは到底思えません。

むしろ、以前も記載をしましたが、リーダーがリーダーを育てるで、実践者のフォロワーにあって、身近でリーダーの「あり方」を学んだほうがリーダーシップを身に着ける近道かもしれません。

 

 

※この記事は、2020年7月5日付Facebook投稿を転載したものです。

リーダーシップ往復書簡 038

 

リーダーに「正しさ・倫理観」が必要であることは、「リーダーシップ往復書簡 003」で述べたとおりですが、今回から数回にわたり、正しさや倫理観について深堀りをしたいと思います。

前提として、「人は性善なれど、弱し」と考えると、やはり多くの人から共感を得るために、リーダーは性善でなければならないと思います。

それでは、正しさ、倫理や善とは何なのでしょうか?

辞書を引くと、正しさとは「道理にかなっている。道徳・法律・作法などにかなっている。」、倫理とは「人として守り行うべき道。善悪・正邪の判断において普遍的な規準となるもの。」、そして、善とは「よいこと。道義にかなっていること。また、そのような行為。」とあります。

これらの論点が難しいのは、人によって、少しだけ正しさ、倫理や善の捉え方が違うからです。

リーダーは、その意思決定が、フォロワーから共感を得られるような正しさや倫理観なのかについて、日々考えていると思います。

また、これらは法律や様々な制度・ルールとも必ずしも一致しておらず、より広い概念だと思います。

例えばリーダーの代表格である政治家は、人として正しいけれども、法律のすき間に落っこちてしまった人を救うために、法令を制定をすることが仕事です。

人によっては、リーダーとは、現行の法律や制度の枠組みを超えて、時に拡大解釈をして、時にオーバーランをして、世の中をより良く変えるものだと言う人までいると思います。

大きな事を成しとげようとするときは、小さな犠牲にはいちいち構っていられないという「大事の前の小事」も、リーダーを悩ませる論点です。(※ 「大事の前の小事」には、大事を成すには、小事にも気をつけ油断してはならないという意味もあります。)。

正直なところ、私が人としてまだ未熟だからですが、毎度のように、この正しさや倫理観について、立ち止まって考えています。恥ずかしながら、浮利を追いかけてしまったり、濡れ手で粟のディールを追いかけたり、ズルい考えが頭を過ぎる時があります。

スタートアップ経営者やベンチャー支援をしている人は、ビジネス・エシックス(企業倫理)という論点に悩みを持たれている方も多いのではないかと思います。

リーダーシップについて疑問がある、質問をしたいという方がいらっしゃいましたら、コメントや個別にメッセンジャーでご連絡ください。

また、コメントも大歓迎です。もし興味ある人がいれば、これを酒の肴に一杯やりましょう!

 

【Q.38】
オススメのリーダーシップの本について教えてください。

 

<コメント>

私はリーダーシップは実践して身につくものだと考えていますが、本を読むことによっても、一定の気づきを得られると思います。

実際に、鶏口牛後で小さい組織でも構いませんので、少しだけ勇気を出してリーダーシップを発揮して、リーダーとして歩み始めると、より効率的に本に書かれている内容が頭に入ってくると思います。

1.「リーダーシップ・チャレンジ」/ジェームズ・M・クーゼス、バリー・Z・ポズナー
2.「リーダーになる」/ウォレン・ベニス
3.「サーバント・リーダーシップ入門」/金井 壽宏、池田 守男
4.「スタンフォード式 最高のリーダーシップ」/スティーヴン・マーフィ重松
5.「リーダーシップの旅~見えないものを見る~」/野田 智義、金井 壽宏
6.「リフレクティブ・マネジャー~一流はつねに内省する~」/中原 淳、金井 壽宏
7.「リーダーは自然体 無理せず、飾らず、ありのまま」/増田 弥生、金井 壽宏
8.「幸之助論―「経営の神様」松下幸之助の物語」/ジョン・P.コッター
9.「信念に生きる――ネルソン・マンデラの行動哲学」/リチャード・ステンゲル
10.「シンクロニシティ――未来をつくるリーダーシップ」/ジョセフ・ジャウォースキー

 

 

※この記事は、2020年6月27日付Facebook投稿を転載したものです。

リーダーシップ往復書簡 037

 

「リーダーシップ往復書簡 032」から5回に渡り、インテリジェンスについて記載をしてきましたが、ご興味を持っていただけたでしょうか。

私は、リーダーが内省するためにも、インテリジェンス・スキルは欠かせないと考えています。

内省とは、自分の考えや言動、行動について深く省みることです。

リーダーには、自分の成長のためにも、組織の成長のためにも、内省が不可欠です。

「リーダーとは、フォロワーがいて、はじめてリーダーである」と定義する人がいるぐらい、リーダーシップでは、他者との関係性を切り離して考えることはできません。

そのため、リーダーが内省するにあたり、やはり他人のリーダーに対する評価の情報は欠かせないものと思います。

もし読者の皆さんが新たにリーダーとして歩み始めれば、リーダーになった途端、信じられないぐらいの情報を手にすることになると思います。

その情報の中には、リーダーにとっては耳ざわりの悪い、リーダーに対する愚痴、文句、悪口、批判的な声なども含まれていると思います。

しかし、このネガティブな情報を正しく情報分析すれば、本当にリーダーが非難されるべき行動をしていて、情報の通り、批判されている場合もあれば、リーダーが正しい行動をしていたにも関わらず、非難した人が人間的に未熟で批判していたようなこともあるわけです。

このような自分に不都合な情報も含め、リーダーは沢山ある情報の中から「真実」を探し出さなければならないのです。

リーダーが情報と向き合うことは、内省に繋がることでもあるのです。

リーダーシップについて疑問がある、質問をしたいという方がいらっしゃいましたら、コメントや個別にメッセンジャーでご連絡ください。

また、コメントも大歓迎です。もし興味ある人がいれば、これを酒の肴に一杯やりましょう!

 

【Q.37】
どうすればインテリジェンスのスキルを高めることができるでしょうか?

 

<コメント(後編)>

前回は、インテリジェンスのスキルのうち、情報収集スキルについて記載をしましたので、今回は情報分析スキルと情報の利活用スキルの向上について回答をします。

情報分析スキルの向上ですが、複数から情報取得することを心掛けると情報分析ができるようになります。一つの事実に対して、Aさん・Bさんそれぞれから話を聞くのです。それぞれの地位や立場によって、情報が歪んだり曲がったりすることを認識する訓練が必要です。

また、情報を、情報として中立的(ニュートラル)に受け取るための訓練も必要です。特にリーダーになれば、自分に対する悪口や愚痴とは日常的に接することになるでしょう。その際に、いちいち感情的に捉えてしまっては、心神耗弱になってしまい正しい意思決定ができなくなってしまいます。

もし人間関係が構築できていたとしても、その人が耐えきれない負荷がかかれば、愚痴や文句が出るのが人間です。それは好き嫌いとは別次元です。このあたりの人間の感情の機微が分かるようならなければ、自分の周辺にかかる情報分析ができるとは言えません。日々、他人の表情、声色、それこそTwitterなどSNSであっても、行間を読むように注意すると情報分析スキルは上がるものと思います。

くれぐれも情報分析をする場合は、職業的猜疑心を持って当たらなければなりませんし、自分に届いている情報は氷山の一角であると認識し、鵜呑みしたり思考停止に陥らないようにしなければなりません。

最後に、情報の利活用スキルの向上について書きたいと思います。一般的には、何か目的があって、情報収集や情報分析を行うものと思います。そのため、目的を達成するために、どのように情報を活用するかについても、スキルアップする必要があります。

情報は力の源泉です。情報を持ったら、誰に、どのタイミング、どの範囲の情報を共有するのかをよく考えるのです。特にスキルアップをするためには、その情報がどのように流れるのか、その情報を取得した人間らがどのように思い、どのように行動するのかをしっかりシミュレーションして、頭の体操をしなければなりません。

信頼すべきフォロワーであったとしても、常に情報共有することが正しい選択肢ではないことを理解しなければなりません。全体最適のために、あえて情報を分断する勇気を持つことも、場数を踏んで訓練することで、自在にできるようになると思います。

情報を制すれば、人の動きをコントロールできます。

リーダーを目指す人には、ぜひともインテリジェンスのスキルアップにも興味を持ってもらえればと思います。

 

 

※この記事は、2020年6月20日付Facebook投稿を転載したものです。

リーダーシップ往復書簡 036

 

引き続き、リーダーが理解し身に着けるべきインテリジェンスについてご紹介したいと思います。

前回に「情報保持者は、情報開示相手に対して、その情報の全部または一部を、自分のタイミングで、共有することができます。」という情報の取り扱い方をご紹介しました。

リーダーは、倫理的に、どの程度まで、情報コントロールすることが許されるのでしょうか?

例えば、社内政治が激しい会社があって、ライバルにダメージを与えるために、虚偽のうわさ話を流すとしましょう。

これは皆さんの倫理観からすると、許されるでしょうか?

もしくは、ライバルにダメージを与えるために、最終的に会社が損をする情報であっても、あえてそのライバルには伝えずに、黙っていたとしましょう。未必の故意のような状態です。

それでは、こちらはいかがでしょうか?

リーダーに、情報が集まって、自由に情報コントロールができ、その結果、人が動かせるようになると、どうしても倫理的な問題に直面します。

リーダーが、純粋なリーダーシップに基づき、信頼から情報をたくさん得られる場合だけならまだしも、現実的には、リーダーが組織のその地位にあるために得られる情報も沢山あるわけです。

こういった地位によって得られるパワーの使い方ほど、難しいものはありません。

リーダーは、目標・目的のために、しっかりと情報を活用しなければならないわけですが、一般的な倫理観を逸脱して、あまりに政治的だと、中長期的な観点では、周囲の人から評価を下げることになるでしょう。

リーダーシップについて疑問がある、質問をしたいという方がいらっしゃいましたら、コメントや個別にメッセンジャーでご連絡ください。

また、コメントも大歓迎です。もし興味ある人がいれば、これを酒の肴に一杯やりましょう!

 

【Q.36】
どうすればインテリジェンスのスキルを高めることができるでしょうか?

 

<コメント(前編)>

本件ですが、私が諜報機関にいたわけでも、調査会社、外交官やメディアにいたわけでもありませんので、あくまで私のスキルアップ方法を記させていただきます。

情報収集スキルの向上ですが、オープン情報取得と人との接触による情報取得があります。

前者については、メディアとインターネットからオープン情報をかき集めて、大量に読み込むが大事です。新聞読み比べなどをすると、情報の中に事実と評価があることを意識することができるようになると思います。あと、とにかく読むスピードを上げることが肝要です。情報は意思決定と直結していますので、予め情報が頭の中に入っていることは、2020年現在においても、非常に価値のあることです。また、今の時代ですので、インターネットの検索スキルも高い方がよいでしょう。情報やコミュニケーションに関するテクノロジーについては、常に感度が高くなければなりません。

人との接触による情報取得については、コミュニケーション能力、中でも、質問力、傾聴能力と雑談力を高めなければなりません。相手側から情報を引き出さねばなりませんから、質問する力と傾聴する力が大事になります。

私は、その手前にある大事な能力が、雑談力だと考えています。そんなに都合よく、ピンポイントで、自分が欲しい情報にはたどり着けません。それこそ他愛のないコミュニケーションから初めて、相手側に不快な想いをさせることなく、本当に必要な情報にアクセスできるようにならなければなりません。

質問者の方が望まれるインテリジェンスのスキルの高める方法とは違うかもしれませんが、常日頃から情報提供者と人的ネットワークを構築することも大事なことです。

専門家であったり、それこそ情報を取り扱うプロフェッショナルである記者、政治家秘書や外交官であったり、様々な人と胸襟を開いたような人間関係を構築したほうがよいでしょう。これは一朝一夕でできることではありません。

前提ですが、人の口に戸は立てられないのです。産業スパイのような世界ですが、例え秘密保持契約があったとしても、確たる証拠までは流出しないにしても、親しい人間関係を通じて、情報が抜けていくことは多分にあることなのです。それこそ、2000年代には、日本の大企業の幹部社員が、中国でハニートラップに狙われているというような話は、まことしやかにささやかれていたように思います。

また、情報提供者の地位や立場によっては、情報の見返りを金銭とするわけにはいかない方も沢山います。その場合は、情報の御礼は情報とすることが多いわけですが、そのあたりの”お作法”についても理解をする必要があると思います。そもそも、情報についても、各種法令が整備されています。国家公務員は情報漏洩自体が違法ですし、企業間でも営業秘密については不正競争防止法があります。

(回答が長くなったため、次回に回答を続けます。)

 

 

※この記事は、2020年6月13日付Facebook投稿を転載したものです。

リーダーシップ往復書簡 035

 

引き続き、リーダーが理解し身に着けるべきインテリジェンスについてご紹介したいと思います。

力あるリーダーには様々な情報が集まります。そして、公式・非公式問わず、様々な情報にアクセスすることができるのが、優れたリーダーの持つ影響力の力です。

今回は、その集まった情報を、リーダーはどのように取り扱うべきかについて記載をしたいと思います。

「情報保持者は、情報開示相手に対して、その情報の全部または一部を、自分のタイミングで、共有することができます。」

これが情報というカードを切る際の選択肢ですが、①情報開示相手を自由に選べること、②情報は、必ずしも全部開示する必要はなく、部分的に取り扱うことができること、③タイミングを自由に選べることなどから、それこそ無数に選択肢があります。

例えば、業績不振の会社が、あえて会社の苦境に関する情報を一般スタッフまで情報共有することによって、全社的に士気を鼓舞するような選択肢もあるかもしれません。逆に、会社の苦境に関する情報は上層部しか持たせないことによって、一般スタッフたちに安心感を持ってもらうという選択肢もあるかもしれません。

リーダーは、情報開示相手に関する情報も持っていることが多いため、その情報共有した情報が、その後、どのように流れるかまで予測がつくはずです。

情報を制すれば、人の動きをコントロールできるのです。

もちろん、倫理観を逸脱して権謀術数を尽くして情報コントロールしてはいけませんが、優れたリーダーは、この情報というカードの切り方で、人を動かしていることも事実でしょう。

リーダーシップについて疑問がある、質問をしたいという方がいらっしゃいましたら、コメントや個別にメッセンジャーでご連絡ください。

また、コメントも大歓迎です。もし興味ある人がいれば、これを酒の肴に一杯やりましょう!

 

【Q.35】
今まで”組織人”としては情報共有するのが正しいという理解をしてきましたが、違うのでしょうか?

 

<コメント>

教科書の世界では、”組織人”は、報告・連絡・相談をしましょうと習ったように思いますが、実際は違います。

少なくともリーダーは、組織のために、情報を抱えなければならない、あえて、情報を分断しなければならないことがあります。

経済小説などでも、「(この情報は)墓場まで持っていく。」という表現が出ることがありますが、まさにあの世界です。

なお、私は、少しですが危機管理コンサルティングをしているため、大企業の重要情報や恥部のような話を聞くことがありますが、このような情報にアクセスできる人はとても限られています。

例えば、資金繰りに窮している会社があるとします。この窮状は社長と財務役員のみが情報を持っているとしましょう。これを、全社的に共有したらどうなるでしょうか?

多くのスタッフからすると、その情報をもらったところで何もできず、不安が増して業務効率が落ちてしまうだけです。
弱い人や、組織に対して忠誠心の乏しい距離感の人に、組織に関する重要情報を共有されても、逆効果の場合があります。

情報共有しないことがスタッフを守るケースもあります。

これはスパイの世界などでは当たり前の考え方なのですが、あえて情報を分断することで、その人を守るという考え方です。

この考え方は、基本的に、人間は、拷問などを受けた場合は、もし情報を持っていたら相手に情報開示してしまうという前提に基づいています。

当たり前ですが、もし機密情報を持っていることが分かったら、そのスパイは敵から襲われるリスクが高くなります。

組織としては、下手に情報共有することによって、情報漏洩リスクを抱えるばかりか、当該スタッフまで襲われるリスクを抱えてしまいます。

そのため、情報を分断することが、組織を守ることになりますし、そのスタッフを守ることになります。

これらのように、情報共有と情報の分断とを使いこなすことで、リーダーは組織を守らなければなりません。

必ずしも、情報共有が全て正しいとは考えないほうが良いでしょう。また、もしリーダーから機密情報を共有されなかったとしても、疎外感を覚える必要もありません。

リスクマネジメントの世界ではむしろ当然のことなのです。

 

 

※この記事は、2020年6月6日付Facebook投稿を転載したものです。