当社小松、国土交通省PPPサポーター拝命のお知らせ

ビジネスで培ってきた知見やノウハウで、地域のPFIやPPPの取組をサポート!

この度、経営支援事業等を行う株式会社スーツ(所在地:東京都千代田区、代表取締役:小松 裕介)の代表取締役である小松 裕介氏(以下「小松氏」という。)が、2019年6月26日(水)付で、国土交通省PPPサポーターに任命されましたので、お知らせいたします。なお、当社においても、本日開催されました当社取締役会において、小松氏の兼務について、承認しております。

「国土交通省PPPサポーター」とは、地方公共団体における主体的なPFIやPPPの推進を図るため、これまでPFIやPPP事業において成果をあげてきた実務者を任命し、任命された者が地方公共団体等に対し知見・ノウハウの提供を行うものです。

今回の国土交通省PPPサポーター拝命を機に、当社の代表取締役の小松氏は、今までのビジネスで培ってきた経験を活かし、地方公共団体等に対して、積極的にPFIやPPPに関する知見やノウハウを提供してまいります。

当社は、2019年4月に和光市広沢複合施設整備・運営事業の本契約をするなど、当社の「プロ経営者」の持つ施設運営やエリアマネジメントのノウハウを活かして、PFIやPPPなど公民連携事業を展開しています。

そのため、当社としても、PFIやPPP領域において、国土交通省PPPサポーターに登録された小松氏とともに、積極的に事業展開・貢献してまいります。

詳細につきましては、2019年6月26日付の国土交通省のプレスリリースをご覧ください。

「国土交通省PPPサポーター」を任命しPPP/PFIのサポート体制を充実しました
~PPP/PFIに関する知識や経験を有する地方公共団体職員等が地域のPPP/PFIの取組をサポートします~
http://www.mlit.go.jp/report/press/sogo21_hh_000111.html