上場会社が発行するストック・オプションの行使資金の資金調達に悩むストック・オプション保有者のためのエクイティ・ソリューション・サービス

ストック・オプション行使促進プログラム

「PESOP™」

上場会社が発行するストック・オプションの行使資金の資金調達に悩むストック・オプション保有者のためのエクイティ・ソリューション・サービス

ストック・オプション行使促進プログラム

「PESOP™」

ストック・オプション行使促進プログラム「PESOP™」とは?

ストック・オプション行使促進プログラム「PESOP™」(Promotion for Exercising Stock Option Program、通称:ピーソップ)は、上場会社のストック・オプション保有者(新株予約権者)のためのエクイティ・ソリューション・サービスです。

「PESOP™」を活用することで、ストック・オプションの行使資金を金融機関やお勤め先から借入することなく、予め決めた株価でストック・オプションの対象株式を売却することができ、ストック・オプションの経済的利益を確定させることができます。

「PESOP™」は、株式会社スーツ・ウェルス・マネジメントが、2020年7月より、金融工学を活用したシステムと予め定められた株式売買オペレーションによる機械的売買プログラムとして提供しています。

「PESOP™」は、上場会社のストック・オプション保有者の中でも、特に以下の方を想定したソリューション・サービスです。

「PESOP™」は、上場会社のストック・オプション保有者の中でも、特に以下の方を想定したソリューション・サービスです。

1

行使価額の高いストック・オプションを有しており、その行使資金が用意できない方。

2

多くの発行量のストック・オプションを有しており、その行使資金が用意できない方。

3

金融機関などから、ストック・オプションの行使資金の借入ができない方。

4

お勤め先から、ストック・オプションの行使資金の借入ができない方。

5

ストック・オプションの行使や、その後の株式の市場売却にかかる手続きに不安を感じている方。

6

上記のようなストック・オプション保有者を多く抱えており、ストック・オプションの行使が進まずに困っているCFO(最高財務責任者)またはCHRO(最高人事責任者)の方。

ストック・オプションの問題点

そもそも、ストック・オプションとは、対象会社が、取締役や従業員など役職員に対して、当該役職員のインセンティブを目的として新株予約権を発行するものです。

その後、役職員の経営努力により、対象会社の企業価値が向上し株価が上昇した場合、ストック・オプションとして付与を受けた新株予約権を保有する役職員は、当該新株予約権の行使にあたり、予め定められた当該新株予約権の行使価額に割当株数を乗じた金額を対象会社に払い込み、その対価として、対象会社から株式の交付を受けます。一般的に、役職員は、当該株式を市場売却することで、売却額と行使にかかる払込金額の差額を利益(キャピタル・ゲイン)として享受することができます。

そのため、一時的とはいえ、役職員は、新株予約権の行使にあたり、行使に際して払い込むための現金を用意する必要があります。

そして、一番の問題点は、新株予約権を行使するための資金は、一時的に必要な資金のため、金融機関からの借入が難しいところにあります。

「PESOP™」のサービス化の背景

株式会社スーツ・ウェルス・マネジメントが「PESOP™」をサービス化した理由は、ストック・オプションの行使資金が調達できず、ストック・オプションの行使が進まないというケースが多いことに問題意識を持ったためです。

例えば、あなたが、ベンチャー企業のCFO(最高財務責任者)として、株式上場の直前前期(N-2)に当該企業に参画したとします。

その時点の企業価値が30億円と評価されていたとします。あなたは上場に向けた仲間としてストック・オプションを2%もらい、IPOの準備を進めます。そして、努力の末、夢にまで見た株式上場を果たします。

しかし、上場後にいざストック・オプションを行使しようとすると、行使には現金で30億円 × 2%=6,000万円もの大金が必要だと気付きます。

金融機関に相談してみたところ、以前は「ストック・オプション融資」、「ストック・オプション行使代金ローン」や「ストック・オプション権利行使払込金融資」など様々な名称で、ストック・オプションの行使資金に関する融資サービスを提供していたそうですが、昨今は積極的ではないと断られてしまいました。

自分と同じような悩みを抱える役職員のために、勤め先の上場会社からストック・オプション保有者に対して行使資金を融通するための社内融資制度を整備しました。しかし、社内融資制度をもってしても、自分は上場会社から融資を受けることが難しいことが判明します。それは、自分は役員のため、利益相反取引(取締役会決議が必要)となるばかりか、関連当事者取引として有価証券報告書の開示事項にまでなってしまうというのです。

「PESOP™」は、このような問題に対して、長年にわたり経営努力をしてきた上場会社のストック・オプション保有者に寄り添いたいという想いから考えられたエクイティ・ソリューション・サービスです。

「PESOP™」のサービス化の背景

株式会社スーツ・ウェルス・マネジメントが「PESOP™」をサービス化した理由は、ストック・オプションの行使資金が調達できず、ストック・オプションの行使が進まないというケースが多いことに問題意識を持ったためです。

例えば、あなたが、ベンチャー企業のCFO(最高財務責任者)として、株式上場の直前前期(N-2)に当該企業に参画したとします。

その時点の企業価値が30億円と評価されていたとします。あなたは上場に向けた仲間としてストック・オプションを2%もらい、IPOの準備を進めます。そして、努力の末、夢にまで見た株式上場を果たします。

しかし、上場後にいざストック・オプションを行使しようとすると、行使には現金で30億円 × 2%=6,000万円もの大金が必要だと気付きます。

金融機関に相談してみたところ、以前は「ストック・オプション融資」、「ストック・オプション行使代金ローン」や「ストック・オプション権利行使払込金融資」など様々な名称で、ストック・オプションの行使資金に関する融資サービスを提供していたそうですが、昨今は積極的ではないと断られてしまいました。

自分と同じような悩みを抱える役職員のために、勤め先の上場会社からストック・オプション保有者に対して行使資金を融通するための社内融資制度を整備しました。しかし、社内融資制度をもってしても、自分は上場会社から融資を受けることが難しいことが判明します。それは、自分は役員のため、利益相反取引(取締役会決議が必要)となるばかりか、関連当事者取引として有価証券報告書の開示事項にまでなってしまうというのです。

「PESOP™」は、このような問題に対して、長年にわたり経営努力をしてきた上場会社のストック・オプション保有者に寄り添いたいという想いから考えられたエクイティ・ソリューション・サービスです。

お問い合わせフォーム

免責事項

本サイトは情報提供のために作成されたものであり、証券やその他の金融商品の売買や引受けを勧誘する目的で使用されたり、あるいはそうした取引の勧誘とみなされたり、証券その他の金融商品に関する助言や推奨として解釈すべきではありません。また、本サイトで提供する情報を、金融その他の専門的なアドバイスとして捉え、これに依拠することはできません。さらに、事前に当社の許可を得ることなく、本サイトに記載ないし掲載した資料、内容、複製の一部あるいは全部に手を加えたり、第三者に送信、複製および配布することは、その方法の如何にかかわらず、一切禁止されております。また、本サイト上に掲載した資料を使用した場合に生じた損失につきましては、一切の責任を負いません。