当社子会社の株式会社スーツ・ウェルス・マネジメントの新サービス開始に関するお知らせ

この度、富裕層に特化したエクイティ・ソリューションなどウェルス・マネジメント事業を行う株式会社スーツ・ウェルス・マネジメント(所在地:東京都千代田区、代表取締役:小松 裕介)は、2020年7月1日より、エクイティ・ソリューション・サービスとして、固定株価現金化プログラム「TLP™」及びストック・オプション行使促進プログラム「PESOP™」の提供を開始いたしますので、お知らせいたします。

2つのプログラムは、当社の金融工学を活用したシステムと予め定められた業務フローに基づいて提供される機械的売買プログラムです。

固定株価現金化プログラム「TLP」(Target Liquidation Program、通称:ティー・エル・ピー)は、上場会社の株式保有者の方に向けたサービスで、予め決められた株価で保有株式の現金化を図ることができるプログラムです。

ストック・オプション行使促進プログラム「PESOP」(Promotion for Exercising Stock Option Program、通称:ピーソップ)は、上場会社のストック・オプション保有者の方に向けたサービスで、銀行借入などすることなく、予め決められた株価で当該ストック・オプションの対象株式を売却することができ、当該ストック・オプションの経済的利益を確定させることができるプログラムです。

今後も、当社では、最先端の経営ノウハウを駆使し、富裕層の方々に向けて、新しいエクイティ・ソリューションを開発してまいります。

子会社の商号変更に関するお知らせ

この度、経営支援事業等を行う株式会社スーツの子会社である株式会社スーツ・リアルエステート(所在地:東京都千代田区、代表取締役:小松 裕介)は、2020年6月15日開催の同社定時株主総会において、下記のとおり、商号を変更することを決議いたしましたので、お知らせいたします。

1.新商号及び商号変更日
株式会社スーツ・ウェルス・マネジメント(Suits Wealth Management Inc.,)
2020年6月15日

2.商号変更の理由
今まで当該子会社では、富裕層に対する不動産事業を展開しておりましたが、今般、事業領域を拡大して、新規にエクイティ・ソリューション事業を手掛けるため、それに合わせて、商号を変更するものです。

3.当該子会社の概要
商   号 : 株式会社スーツ・ウェルス・マネジメント
所 在 地 : 東京都千代田区九段南4丁目6番13号ニュー九段マンション301号
代 表 者 : 代表取締役社長 小松 裕介
事業内容 :
・エクイティ・ソリューション事業
・不動産事業

合弁会社設立のお知らせ

この度、経営支援事業等を行う株式会社スーツ(所在地:東京都千代田区、代表取締役:小松 裕介)は、エンターテイメント業界で豊富な実績と経験を有する尼崎 勝司氏、ジャスダック上場企業である共同ピーアール株式会社(所在地:東京都中央区、代表取締役社長:谷  鉄也)及び超小型衛星の実利用に向けた技術開発と研究分野において第一人者である東京大学大学院工学系研究科航空宇宙工学専攻教授の中須賀真一氏との共同出資による合弁会社(以下「新会社」という。)を設立することについて、決定いたしましたので、お知らせいたします。

宇宙ビジネスの全世界での市場規模は、2010年の約2,857億米ドルから、2017年には約3,835億米ドルと高成長を続けています。2019年1月にはロシアのスタートアップ企業「StartRocket」が、小型の人工衛星であるキューブサットを宇宙区間に並べてメッセージを表示する計画の発表をするなど宇宙空間を利用した事業が活性化しています。

このような環境の中、宇宙空間を利活用した広告や広報、エンターテイメントを含むマーケティング事業を行っていくことを目的として、当社、新会社の営業活動を中心とした事業の推進を行う尼崎 勝司氏、新会社のPR業務を行う共同ピーアール株式会社及び新会社の技術的なサポートを行っていただく東京大学の中須賀真一教授の4社にて新会社を設立し、新たな成長市場である宇宙ビジネス展開の実現を目指してまいります。

今般の新会社設立に際して、当社では、新会社に対して、出資と役員派遣を行ったうえで、中長期的に経営支援を行ってまいります。

商   号 : 株式会社スペース・バジル
所 在 地 : 東京都中央区銀座四丁目2番15号
代 表 者 : 代表取締役 尼崎 勝司
事業内容
 ・宇宙空間を利用した広告・広報事業
 ・宇宙空間を利用したエンターテイメント事業
 ・小型衛星の企画、設計、開発、運営、保守
資 本 金 : 300万円
設立予定日 : 2019年10月末予定
出資比率  : 尼崎 勝司 55%、共同ピーアール株式会社 30%、当社 10%、中須賀真一 5%

当社小松、国土交通省PPPサポーター拝命のお知らせ

ビジネスで培ってきた知見やノウハウで、地域のPFIやPPPの取組をサポート!

この度、経営支援事業等を行う株式会社スーツ(所在地:東京都千代田区、代表取締役:小松 裕介)の代表取締役である小松 裕介氏(以下「小松氏」という。)が、2019年6月26日(水)付で、国土交通省PPPサポーターに任命されましたので、お知らせいたします。なお、当社においても、本日開催されました当社取締役会において、小松氏の兼務について、承認しております。

「国土交通省PPPサポーター」とは、地方公共団体における主体的なPFIやPPPの推進を図るため、これまでPFIやPPP事業において成果をあげてきた実務者を任命し、任命された者が地方公共団体等に対し知見・ノウハウの提供を行うものです。

今回の国土交通省PPPサポーター拝命を機に、当社の代表取締役の小松氏は、今までのビジネスで培ってきた経験を活かし、地方公共団体等に対して、積極的にPFIやPPPに関する知見やノウハウを提供してまいります。

当社は、2019年4月に和光市広沢複合施設整備・運営事業の本契約をするなど、当社の「プロ経営者」の持つ施設運営やエリアマネジメントのノウハウを活かして、PFIやPPPなど公民連携事業を展開しています。

そのため、当社としても、PFIやPPP領域において、国土交通省PPPサポーターに登録された小松氏とともに、積極的に事業展開・貢献してまいります。

詳細につきましては、2019年6月26日付の国土交通省のプレスリリースをご覧ください。

「国土交通省PPPサポーター」を任命しPPP/PFIのサポート体制を充実しました
~PPP/PFIに関する知識や経験を有する地方公共団体職員等が地域のPPP/PFIの取組をサポートします~
http://www.mlit.go.jp/report/press/sogo21_hh_000111.html

観光活性化.comのリニューアルのお知らせ

観光施設向けコンサルティングのサービス拡大へ

この度、経営支援事業等を行う株式会社スーツ(所在地:東京都千代田区、代表取締役:小松 裕介)は、2019年6月11日(火)に、観光活性化.com(URL:https://www.kankou-kasseika.com/)をリニューアルいたしましたので、お知らせいたします。

当社では、2015年7月より、経営支援事業として、テーマパーク、動物園、植物園、水族館、美術館、ドライブインやホテル・旅館など観光施設向けに「観光施設向けコンサルティング」をサービス提供しています。今般の観光活性化.comのリニューアルをきっかけに、今まで以上に多くの方に当該サービスを利用していただきたく考えております。

敵対的買収.comのリニューアルのお知らせ

ステークホルダー関係改善コンサルティングのサービス拡大へ

この度、経営支援事業等を行う株式会社スーツ(所在地:東京都千代田区、代表取締役:小松 裕介)は、2019年4月26日(金)に、敵対的買収.com(URL:https://www.tekitai.com/)をリニューアルいたしましたので、お知らせいたします。

当社では、2015年12月より、投資銀行事業として、会社の中長期的な企業価値や株主価値向上を成し遂げるためにステークホルダーの利害関係を一致させる「ステークホルダー関係改善コンサルティング」をサービス提供しています。今般の敵対的買収.comのリニューアルをきっかけに、今まで以上に多くの方に当該サービスを利用していただきたく考えております。