ブログ

リーダーシップ往復書簡 037

  「リーダーシップ往復書簡 032」から5回に渡り、インテリジェンスについて記載をしてきましたが、ご興味を持っていただけたでしょうか。 私は、リーダーが内省するためにも、インテリジェンス・スキルは欠かせないと考えています。 内省とは、自分の考えや言動、行動について深く省みることです。 リーダーには、自分の成長のためにも、組織の成長のためにも、内省が不可欠です。 「リーダーとは、フォロワーがいて、はじめてリーダーである」と定義する人がいるぐらい、リーダーシップでは、他者との関係性を切り離して考えることはできません。...

続きを読む

リーダーシップ往復書簡 036

  引き続き、リーダーが理解し身に着けるべきインテリジェンスについてご紹介したいと思います。 前回に「情報保持者は、情報開示相手に対して、その情報の全部または一部を、自分のタイミングで、共有することができます。」という情報の取り扱い方をご紹介しました。 リーダーは、倫理的に、どの程度まで、情報コントロールすることが許されるのでしょうか? 例えば、社内政治が激しい会社があって、ライバルにダメージを与えるために、虚偽のうわさ話を流すとしましょう。 これは皆さんの倫理観からすると、許されるでしょうか?...

続きを読む

リーダーシップ往復書簡 035

  引き続き、リーダーが理解し身に着けるべきインテリジェンスについてご紹介したいと思います。 力あるリーダーには様々な情報が集まります。そして、公式・非公式問わず、様々な情報にアクセスすることができるのが、優れたリーダーの持つ影響力の力です。 今回は、その集まった情報を、リーダーはどのように取り扱うべきかについて記載をしたいと思います。 「情報保持者は、情報開示相手に対して、その情報の全部または一部を、自分のタイミングで、共有することができます。」...

続きを読む

リーダーシップ往復書簡 034

  引き続き、リーダーが理解し身に着けるべきインテリジェンスについてご紹介したいと思います。 組織の重要な意思決定の際に、リーダーは、いかにフォロワーを信頼していたとしても、一人だけの情報を鵜呑みにせずに、複数人から情報を取得したほうがいいでしょう。 前々回にも取り上げましたが、そもそも大体の場合、情報は網羅して取得することができません。そして、事実ではなかったり、評価が間違ったりしている情報が含まれている可能性があるものなのです。...

続きを読む

リーダーシップ往復書簡 033

  前回に引き続き、リーダーが理解し身に着けるべきインテリジェンスについてご紹介したいと思います。 情報は、組織図で言うと、低いところから高いところへ流れるという特性があります。 もっと正確に言うと、実は役職はあまり関係なく、高い地位によるパワーを有していたり優れたリーダーシップがあったり、とにかく「力があると思われている有力者」に向かって情報が流れます。...

続きを読む

リーダーシップ往復書簡 032

  これから数回にわたり、リーダーが理解し身に着けるべきインテリジェンスについてご紹介したいと思います。 まず、普段は意識することもないと思いますが、情報について、深堀りして、理解をする必要があります。 情報とは、英語表記するとデータ(data)、インフォメーション(Information)、インテリジェンス(Intelligence)の3種類があります。 <情報の種類> 1.データとは、収集された情報 2.インフォメーションとは、データから抽出した意味のある情報...

続きを読む

リーダーシップ往復書簡 031

  リーダーとは、暗闇の中、集団の先頭で、たいまつを持って、フォロワーを率いて進む存在です。 暗闇という不安の中では、リーダーには、情報を収集する能力、情報を分析する能力、そして、情報を使いこなす能力がある必要があります。 情報を集めることができなければ、進んでいる方向が誤っていることに気が付かないかもしれませんし、フォロワーがついてきていないことに気が付かないかもしれません。...

続きを読む

リーダーシップ往復書簡 030

  今日は、私の尊敬する同い年の経営者、そして、尊敬する人生の大先輩のエンターテイメント業界の重鎮の経営者が言っていた素晴らしい言葉を紹介したいと思います。 「家族を大事にできない人間に、良い仕事はできない。」 「私たちは、仕事が好きなのだから、平日は毎日「遊び」だけれども、休日は家族に対して、しっかりと「仕事」をしなければならない。」...

続きを読む

リーダーシップ往復書簡 029

  リーダーシップ、情報分析(インテリジェンス)や判断の前提となる価値観など、私の行動原理の多くは、過去に大臣を務めた経験のあるメンターの方からの影響を色濃く受けていると思います。 私が若かりし頃に、そのメンターの方から言われたことの一部をご紹介します。 「リーダーは常に頭をくるくる回転させていなければならない」 「リーダーは全ての人に気を遣わなければならない」 「リーダーは、土日もなく、24時間365日、最も働かなければならない」 「自分の価値が下がるから、パワー(地位に基づく力)は行使するな」...

続きを読む

リーダーシップ往復書簡 028

  我が家にも第2子が生まれ、今週から新生児との生活がはじまりました。 相変わらず私は仕事ばかりで、育児のほとんどは妻に任せっきりになってしまっていますが、私なりに、親として、この子にちゃんと愛情を注いで、しっかりと育てなければと責任を感じています。 私は、リーダーシップを語る際に「Lead with love」という言葉を紹介しています。 リーダーは、世のため人のため、組織のため、そして、フォロワー自身のために、フォロワーに対して、正しいこと・厳しいことを言って、フォロワーを導いていかねばなりません。...

続きを読む