※この記事は、WEBメディア「The Urban Folks」に連載されている2018年1月19日公開の「リーダーと考える経営の現場・第2回 リーダーシップに立場は関係ない」 を転載したものです。

 

「リーダーと考える経営の現場」では、今回から数回にわたり、私が経営の現場で得た「気づき」に基づいて、基本となるリーダーシップの考え方について記載していきたいと思います。

今回は、第1回で記載させてもらった「リーダーシップ=経営者の問題」、リーダーシップとは経営者にだけ必要なものであって、(経営者の指示に従うサラリーマンなど)それ以外の人々にはあまり必要ではないという誤解について記載します。

多くの人は、リーダーシップとは、スポーツチームならばキャプテン、地方自治体ならば市長や知事など首長、会社ならば社長というように、組織のトップが発揮するものと考えています。確かにキャプテンにリーダーシップがあればそのスポーツチームは今よりも良くなるでしょうし、知事や市長にリーダーシップがあればその地方自治体は今よりも良くなるでしょう。そして、社長にリーダーシップがあれば会社は今よりも良くなると思います。

しかし、結論から言うと、リーダーシップとは組織のトップにだけに必要なものではありません。本来、リーダーシップとは、ありとあらゆる人が発揮すべきもので、リーダーシップに組織における立場は関係ないのです。

なぜこのような誤解が生まれるかというと、理由の一つは、「マッチョなリーダー像」だと思います。一般的な人々が考えるリーダー像の多くに、ネアカで、常に強い人で、いつでも「俺について来い!」と言って先頭を走っている組織のトップという「マッチョなリーダー像」があります。この「マッチョなリーダー像」が、一般人にとって、まばゆいばかりに燦然と輝くため、多くの人は自分と組織のトップとは違う種類の人間だと考えるようになるのだと思います。

また、誤解が生まれるもう一つの理由は、組織に所属する人間として、自分の組織のトップには、組織や自分を正しく導いてくれる優れたリーダーシップがあって欲しいという「願望」があるからではないかと思います。この「願望」は、自分の組織の「トップ任せ」という「他人任せ」や、組織において自分がリーダーではなくフォロワーであると定義したいことと密接に繋がっていると思います。組織のトップに優れたリーダーシップがあって欲しいという「願望」は、組織に対する責任の放棄、自己保身の裏返しなのだと思います。

「真実」は、例えば会社に入ったばかりの新入社員であったとしても、本当に、実現可能性があって、なおかつ、会社のため、社員のため、お客様のためになることであれば、上司である「管理職」や「経営者」など全てのステークホルダーを動かすことができます。必ずしも組織のトップでなくとも、正しいリーダーシップを発揮すれば、会社を今よりも良くすることができます。

この「真実」を見えづらくさせているのは、リーダーシップの概念とは別に、組織の指示命令系統上の制度的権限など「パワー」による影響力という別の評価軸があるからです。会社の社長を例にとると、社長が夢や共感などのリーダーシップの力で部下を動かしているのか、社長という組織における地位や権限で部下を動かしているのか、そこの見極めが難しいのです。もしかすると部下は、社長の掲げる夢や社長に対する共感などの力で一生懸命働いているのかもしれませんし、逆に、社長が言っているからしょうがないと思って働いているのかもしれません。

多くの人に経験があるように、夢や共感などのリーダーシップの力だけでなく、組織の地位や権限など「パワー」でも、人は動くのです。一人の人間の持つ影響力は、リーダーシップと組織における地位や権限など「パワー」とが混在しているため、その人の持つ本来のリーダーシップが周りの人からは分かりづらくなってしまうのです。

現在、私は、今までの会社経営の経験を活かし「プロ経営者」として、様々な会社の経営支援をしています。その際、私のクライアント企業の関わり方も様々で、中には社内には確たる地位をいただかない案件もあります。その場合は、私は社外からリーダーシップを発揮することになるのですが、私が正しいリーダーシップを発揮していれば、私の考えがその会社で採用されて、結果として、会社の方針となって、その方針に従って、多くの社員が動いてくれるようになります。そのとき、私には組織の地位や権限など「パワー」は一切ありません。そこにあるのはリーダーシップだけです。

昔からリーダーシップがあったからこそ、「結果として」、気がついたら組織のトップになっていたという人が数多くいます。その人たちは、組織のトップになってから急にリーダーシップを発揮したのではなく、「一般スタッフ」であったり、「管理職」であったりした時代から、正しいリーダーシップを発揮していた人がほとんどです。

リーダーシップに立場は関係ありません。社内であれ、社外であれ、どんな立場であれ、正しいリーダーシップを発揮していれば、人を動かし、会社を動かすことができ、その会社を今よりも良くすることができます。

 

「リーダーと考える経営の現場」

第1回 「はじめに」
第2回 「リーダーシップに立場は関係ない」
第3回 「マネジメントとリーダーシップの違い」
第4回 「人は性善なれど、弱し」
第5回 「自責と他責」
第6回 「人として正しいことを」
第7回 「リーダーは自然体」
第8回 「サーバント・リーダーシップ」
第9回 「愛され畏れられる存在」
第10回 「傲慢な存在」
第11回 「子どものように叱る」
第12回 「奇跡を起こし、神となれ」
第13回 「Lead with love」
第14回 「リーダーシップの旅 前半」
第15回 「リーダーシップの旅 後半」

 

株式会社スーツ 代表取締役 小松 裕介

 2013年3月に、新卒で入社したソーシャル・エコロジー・プロジェクト株式会社(現社名:伊豆シャボテンリゾート株式会社、JASDAQ上場企業)の代表取締役社長に就任。同社グループを7年ぶりの黒字化に導く。2014年12月に当社設立と同時に代表取締役に就任。2016年4月より総務省地域力創造アドバイザー及び内閣官房地域活性化伝道師。2019年6月より国土交通省PPPサポーター。